言語を選択してください

  • 日本語
  • 中文
若返り

(アンチエイジング)

身体
発毛外来
その他

目の下のくぼみ(ふくらみ)の症例写真

症例8 下眼瞼脱脂・FGF注入

目の下のふくらみとほうれい線を気にされていました。まず目の下ですが、出っ張っている部分は脂肪なので、余分な脂肪をとる手術をし、その下の凹みには膨らます作用のあるFGFを注入した事によって、フラットに近い若々しいきれいな目元になりました。
目の下とほうれい線が改善された事によりぱっと見のたるんだ印象がなくなり、顔全体が引き締まったようにもなりました。
このようにFGFを気になるくぼみに注入することて繊維芽細胞を増殖させ、皮膚組織の再生をおこないます。効果は約2~3週間後から感じられるので、人知れず自然と変わっていけます。

症例7 下眼瞼脱脂

この患者様は目の下の膨らみを気にされていました。膨らんでいるところは脂肪によるものです。

ベルクリニックでは下眼瞼脱脂をお勧めしました。

下眼瞼脱脂は目の下の粘膜を数ミリ切開し、膨らみの元となっている余分な脂肪を取り除きます。粘膜を切開するため傷口も見えなく、抜糸が必要ないのでお手軽に受けてお帰りになる事ができます。

また、電気メスで止血をしながら行っていくため、内出血が起こりづらくダウンタイムが短い事も特徴です。

目の下はお顔の中心に位置するので目の下を改善するとお顔全体の印象が変わります。

目の下の膨らみにより老けて見えていたのも、余分な脂肪を取り除いた事により若々しい印象になりました。

症例6 FGF注入

 

目の下のふくらみの場合は切開して脂肪を取るのが一番ポピュラーな方法ですが、もっと手軽に改善したいという事でふくらみの下の凹んでいる部分にFGFを注入しました。凹んでいる部分をふくらませる事によって段差が無くなり、もともとあったふくらみが目立たなくなりました。

老化と共に線維芽細胞も衰えてしまいますが、FGFを打つことによって細胞が活発に働くようになり、コラーゲンやエラスチンが増殖して1~2ヶ月ほどで変化があらわれます。
目の下はダメージを受けやすい部位なので内出血が出やすいのですが、1週間前後である程度は自然治癒しますし、ファンデーションやコンシーラーでも隠せるレベルまで落ち着きます。

症例5 下眼瞼脱脂(+FGF)

この患者様は目の下の膨らみを気にされていました。目の下の膨らみは老けて見えてしまう原因になります。

この目の下の膨らみは脂肪によるものなので膨らみに対しては下眼瞼脱脂、膨らみの下にはクマのような凹みがあるため、その凹みに対してFGF注入をお勧めしました。

>下眼瞼脱脂は目の下の裏の粘膜の部分を数ミリ切開し、余分な脂肪を取り除いていきます。数ミリ切るだけなので抜糸が必要なく、傷口も見えないためその後の生活に支障がほぼ出ません。

下眼瞼脱脂をしたその下の凹みにはFGF注入で膨らませてよりフラットにしていきます。

FGF注入は注入してから細胞増殖因子が働きかけ、2~3週間で徐々に膨らんでいきます。膨らみの原因となっていた脂肪を取り除き、その下の凹んでいる部分にFGF注入で膨らませ、疲れたような印象だったのもなくなり若々しくなりました。

症例4 下眼瞼脱脂

この患者様は目の下の膨らみを気にされていました。この目の下の膨らみは余分な脂肪があることによって膨らみができてしまいます。

ベルクリニックでは下眼瞼脱脂をお勧めしました。下眼瞼脱脂はあっかんべーをしたところの粘膜を数ミリ切開し、そこから余分な脂肪を取り除いていきます。

手術時間は30分程度で局所麻酔で行います。抜糸も必要なく傷口も見えないため、そのままお帰りになって頂けるので遠方の方も安心して受ける事ができます。

目の下の膨らみにより疲れて見えていたのも下眼瞼脱脂をしたことで目元がすっきし、疲れて見えていた印象もなくなりました。

症例3 FGF注入

疲れていなくても疲れているのか?寝不足なのか?と聞かれるのが嫌で、FGFの施術を受けられました。注射だけで本当に膨らむのかと半信半疑でしたが、数週間で、凹んでいてクマのように見えたくぼみが少しずつ膨らんできて、目元の印象が明るくなった感じになったとのことで、大変満足しております。
目の下のくぼみが無くなっただけで、若々しさを取り戻せたようです。
FGFとは、これまで美容外科分野で積極的に使われてきたヒアルロン酸のように、物理的に膨らませる方法ではなく、自己再生能力を利用した再生医療であるということが一番の特徴です。

症例2 下眼瞼脱脂(+FGF)

この患者様は目の下の膨らみを気にされていました。目の下の膨らみは余分な脂肪によるもので、その下が凹んでいてクマのようになっているため、ベルクリニックでは余分な脂肪を下眼瞼脱脂、その下の凹みに対してFGF注入をお勧めしました。

膨らんでいる部分の脂肪を取り除くだけでは下のクマのような凹みは改善されないためFGF注入も必要となってきます。

下眼瞼脱脂はあっかんべーしたところの粘膜を数ミリ切って行うため抜糸が必要ありません。切開した粘膜のところから余分な脂肪を取り除いていきます。そしてその下の凹みにFGFを注入し、膨らませることによってフラットになりキレイな目元になります。

FGF注入は注入してから2~3週間で成長因子が働きかけ、コラーゲン・エラスチンなどが増殖していき膨らんでいきます。増殖率は個人差があるため、FGF注入に関しては回数が必要になってくる場合もございます。

FGF注入はヒアルロン酸に比べると持続期間が3~5年と長く、定期的に注入する必要がありません。

そのため、下眼瞼脱脂をし、FGF注入でキレイになった目元は長い期間保つ事ができます。

症例1 FGF注入

お顔の中心である目元は印象が大きく変わります。疲れたように見える目の下のくぼみにFGFを注入することで5~10歳ほど若返ったような印象になりました。たるみが改善され、シワも薄くなり、ハリ感がでたように感じます。
そして段差が無くなることによって影が無くなり、影が無くなったことによってクマも改善されました。
FGF注入の施術はほんの数分で終了してしまうのですが、目の下はひじょうに内出血が出やすい部位で、治るまでにだいたい1週間前後かかってしまうかもしれませんが、その分大きな見返りがあるので、ぜひ体感していただければと思います。

無料お問い合わせ

お電話かメールでカウンセリングのご予約やご相談、資料請求などができます。
お電話の際は、「ウェブサイトを見た」と言うとスムーズに進みます。