言語を選択してください

  • 日本語
  • 中文
若返り

(アンチエイジング)

身体
発毛外来
その他

たるみ

たるみは4、50代だとのお悩みだと思っていますか?実際は30代から多くの方がたるみを気にかけているものです。また、たるみは顔のみならず全身に起こるものです。日頃のトレーニングやケアはとても大切ですが、わかっていてもなかなか時間が取れないという方が多いのではないでしょうか。日頃のケアと共にベルクリニックのたるみに特化した施術を是非お試しください。相乗効果でより望ましい効果が得られます。

たるみ危険度チェック項目

1.紫外線ケアをしていない
2.睡眠時間が短い
3.甘いもの、ビール、タバコなどが大好き
4.パソコンの仕事がメイン
5.無表情でいることが多い
6.あまり噛まない
7.昔はあまり顔が太らなかったけど、最近顔が太ったような気がする
8.ほうれい線、目の下の膨らみが気になる
9.怒っていないのに、怒っている?と聞かれることが増えた
10.最近、急に太ったり、急に痩せた

多くの方が上からチェックが少しずつ増えませんか?このチェックリストは下にチェックがあればあるほど、危ないのです。また、甘いもの、ビール、タバコが好きにチェックを入れた方、予備軍ではありますが、これらは習慣的に長い間積み重ねて来られた方が多いと思いますが、たるみと非常に大きな関係があると言われています。是非気をつけてみてください。

1~2 たるみ予備軍。

3~5 筋肉たるみ

6~9 脂肪たるみ~皮膚たるみ

10  皮膚たるみの危険大!

たるみの種類

筋肉たるみ

年齢とともに筋肉の衰えが訪れるものですが、実はお顔でよく使われる筋肉は30種類ほど有り、それらが衰えると共にたるみやすくなり、す。たるみの最も大きな原因だと言われています。このようなたるみの改善にはやはり表情筋をよく使っていただくことが一番ですが、なかなか難しい、改善が見られない方は同時に、以下の施術を行うことでかなりの効果と持続感が得られます。

筋肉たるみを解消したい方へのオススメ施術はこちら↓

脂肪たるみ

筋肉が衰えると脂肪がつきやすくなります。脂肪が重くなると、頬全体が下がり、フェイスラインがもたついてきます。この時太ったように感じられます。同時にほうれい線が目立ち、口角も下がってきます。更に今までは若さの象徴だった目袋も、目の下のハリがなくなり、目の下の膨らみやたるみ、窪みに発展します。

脂肪たるみを解消したい方へのオススメ施術はこちら

頬の脂肪を減らす→パルスリポレーザー

脂肪を引き上げる→シルエットリフト

ほうれい線、口角の横からあごにかけて出来るマリオネットラインが気になる方→FGF注入

目袋(目の下の膨らみ)→たるみ取りFGF注入

皮膚たるみ

さらに老化が進むと、筋肉とともに脂肪も衰えます。すると皮膚の下はすかすかになり、余った皮膚がたるみます。老化だけでなく、太っていた人が急激に痩せることでも同じように皮膚たるみを起こします。この場合、皮下に大量のコラーゲンを補う必要が有ります。

皮膚たるみを解消したい方へのオススメ施術はこちら↓

無料お問い合わせ

お電話かメールでカウンセリングのご予約やご相談、資料請求などができます。
お電話の際は、「ウェブサイトを見た」と言うとスムーズに進みます。

たるみ|渋谷の美容整形ならベル美容外科クリニックへ。アンチエイジング、ほうれい線、しわ、シミなどさまざまなお悩みのご相談を承っております。安心安全で適切な治療を行ってまいります。無料オンラインカウンセリングも行っておりますので、お気軽にご相談ください。