言語を選択してください

  • 日本語
  • 中文
アンチエイジング
身体
発毛外来
その他

シミ・くすみ

シミ危険度チェック

1. UV対策をあまりしていない。(冬はしない)
2. お化粧を落とさないで寝ることがある
3. お化粧は何層も塗っている
4. タバコをよく吸う、または周りがタバコを吸う環境にある
5. 冷え性である
6. 寝不足、または睡眠が不規則である
7. 乾燥肌、またはお肌の水分補給をあまり行っていない(保湿のみ)
8. 一年中エアコンをつけた部屋にいることが多い

いくつ当てはまりますか?

1~2 シミ危険度小

3~5 シミ危険度中

6~  シミ予備軍

全く当てはまらなかったからといって安心できるわけではありません。そもそも加齢により、お肌の再生能力や修復能力がどんどん低下することで、どんなにお手入れしても、結局シミが出来たりすることも有ります。

様々なタイプのシミがありますが、シミになるメカニズムは大抵、紫外線が肌にあたり、メラニン色素が作りだされ、お肌を守るために肌の色を黒くします。通常この黒くなったメラニン色素は、やがてターンオーバーとともに肌表面に上がって、角質とともに落ちていきますが、様々な理由により、ターンオーバーが上手く働かず、メラミン色素がシミとして残ります。

シミの種類

くすみジミ

ターンオーバーが遅れ、お肌全体の古い角質が透明感のさまたげとなり、お顔全体がうっすら黒くなっていきます。

老人性色素斑

30歳以上で頬骨やこめかみなど近くにできることが多い。

雀卵斑(そばかす)

鼻や目の周りに出来る細かいシミ。遺伝的要因が多いと言われている。

脂漏性角化症

40代以降に出来やすい良性の腫瘍。黒または茶色に変色した部分は盛り上がっている。

太田母斑

太田母斑は通常のシミよりも皮膚の深い層に出来るシミであり、多くの場合、生後1年後に症状が現れる青いシミ。

両側性遅発性太田母斑様色素斑(ADM、後天性真皮メラノサイトーシス)

正確にはあざであり、20代くらいから現れる青いシミ。

肝斑

鼻を軸として、目の下、口の周りなどに左右対称に出来るシミ。主に30代以降の女性に多く発症すると言われている。

ベルクリニックでは上記の様々なシミに対して全てに有効なレーザーを導入しています。従来難しいと言われていた肝斑治療も同一器械によるトーニング治療を行うことで、大幅な改善が見られるようになりました。

無料お問い合わせ

お電話かメールでカウンセリングのご予約やご相談、資料請求などができます。
お電話の際は、「ウェブサイトを見た」と言うとスムーズに進みます。

シミ・くすみ|渋谷の美容整形ならベル美容外科クリニックへ。アンチエイジング、ほうれい線、しわ、シミなどさまざまなお悩みのご相談を承っております。安心安全で適切な治療を行ってまいります。無料オンラインカウンセリングも行っておりますので、お気軽にご相談ください。