言語を選択してください

  • 日本語
  • 中文
アンチエイジング
身体
発毛外来
その他

ゴルゴライン(ゴルゴ線)の症例写真

症例2 FGF注入による改善

BA_bFGF_07

漫画のゴルゴ13の主人公にあることでそう呼ばれている、目の下から頬にかけてあらわれるゴルゴラインとほうれい線は、お顔のたるみ(老化)による凹みで、一度出来てしまったら自然に消えることは無く、深くなる一方なので、どうしても老けた印象を与えてしまいます。
ですが、凹みにFGFを注入する事によって段差が無くなり、たるんだ印象が改善されました。
FGFとは、人間がもともと持っている新しい細胞をつくるための成長因子です。
この成長因子が線維芽細胞という細胞を新たに作る部分へ指令を出して、新しい細胞を作り出すというのがFGF療法のしくみです。

症例1 シルエットリフトによる改善

silhouetteBA5

この患者様は頬のたるみと顎下を改善したいとのことでした。

遠方の方だったため、抜糸が必要ないシルエットリフトをお勧めしました。リフトアップで代表的なのはフェイスリフトですが、フェイスリフトは皮膚を切除して縫い合わせてリフトアップさせるだけのものですが、ベルクリニックのシルエットリフトは小切開でコーンのついた糸で引き上げます。入れた糸の周りにコラーゲンが形成されていくためリフトアップとともに引き締まり、ハリが出ます。

この患者様もたるみが引き上げられた事によりゴルゴライン・法令線が薄くなりました。何より顎下がすっきりし、お顔が小さくなられました。

無料お問い合わせ

お電話かメールでカウンセリングのご予約やご相談、資料請求などができます。
お電話の際は、「ウェブサイトを見た」と言うとスムーズに進みます。