言語を選択してください

  • 日本語
  • 中文
アンチエイジング
身体
発毛外来
その他

FGF(細胞増殖因子)の体験談 / 下瞼脱脂+FGF注入(目の下+法令線)体験レポート

美容体験レポート! ほうれい線

体験者:37歳 女性

施術前の写真

お写真をご覧になり、どちらの部分に改善が必要とお感じになられるでしょうか。

美容的観点からのご提案と致しますと、『 目の下の膨らみ 』 『 ほうれい線 』 が改善されることで、
随分と印象が変わるのではとお見受け致しました。
それぞれのパーツのアップはこちらです。↓

目の下

目の下 目元は皮膚が薄いだけではなく、毎日のように酷使する為、一番老化の出やすい部位と言われています。
こちらの患者様は、眼窩脂肪(眼球を支えている脂肪)が前方に突出してきた為、下瞼がぽっこりと膨み、段差ができてしまっております。
ひどくなると、非常に老けた印象を与えてしまう為お悩みの方も多いと思います。
この部分がフラットになることで、目元の年齢が見違えるように若返ります。

改善方法

目の下の膨らみを改善するには、『下瞼脱脂』という手術によって、原因となっている眼窩脂肪(目の下の脂肪)を取りのぞく方法がございます。
また、脱脂後の皮膚のタルミを防ぐために、『FGF(線維芽細胞増殖因子)注入』によって目元にピンとしたハリを取り戻す方法を併用することをおすすめ致します。
FGF注入は、自己組織を再生させてシワやくぼみを改善する画期的な再生療法です。

ほうれい線

FGF注入(ほうれい線)の1回目と2回目の症例 ほうれい線の主な原因は、頬のタルミによるものがほとんどです。
ほうれい線は深くなってしまうと、引き上げ等での根本的な改善が求められるようになりますが、手術には抵抗がある・・・という方も多いと思います。
症状が重度に進行する前に、対策をとられることおすすめ致します。

改善方法

今までは、手術以外での改善として、ヒアルロン酸注入が人気でした。
同じ高さを出す治療法としてベルクリニックでは、自己組織を再生させてシワやくぼみを改善する画期的な再生療法『FGF(線維芽細胞増殖因子)注入』での改善をおすすめしております。
ヒアルロン酸注入は、粘度のある固めの液を注入して下から持ち上げるのに対して、FGF注入は、自分の皮膚組織を再生させてふっくらとした高さを生み出すことで気になるシワやくぼみを改善していきます。
また、効果の持続期間がヒアルロン注入が約半年ほどなのに対してFGF注入は4~5年と長いことも大きな特徴です。

FGF注入2ヵ月後 症例写真

FGF注入(ほうれい線)の2回目と3回目の症例

FGF注入(ほうれい線)症例 正面顔


目の下のアップのお写真です。眼窩脂肪(目の下に膨らんだように出てきた脂肪)を下瞼脱脂により除去し、目元のハリを保つ目的でFGF注入を併用した結果です。 目の下の段差が改善され、フラットになったことで、若々しい印象になりました。

FGF注入(ほうれい線)症例 正面顔


ほうれい線のアップのお写真です。ほうれい線は、頬のたるみに大きく関係していますが、FGF注入によりふっくらと高さが生まれ改善されていくことで、たるみ自体も目立ちにくくなることが期待できます。

無料お問い合わせ

お電話かメールでカウンセリングのご予約やご相談、資料請求などができます。
お電話の際は、「ウェブサイトを見た」と言うとスムーズに進みます。