言語を選択してください

  • 日本語
  • 中文
若返り

(アンチエイジング)

身体
発毛外来
その他

金の糸美容術®を2度目の施術

今回体験したのは、なんと、金の糸(顔・首) + パルスリポレーザー(頬) + FGF浸潤に加え、以前から眉間にあったケロイド状の傷修復オペを一度に体験しました!
金の糸は約5年前に別のクリニックで経験済みでした。
その当時は、術後の腫れや内出血もほとんどなく…効果もあまり感じられなかったのですが、金の糸の埋入量や埋入箇所(真皮層に埋入しているか)により効果の現れ方に大きな違いが出ることを聞き、再チャレンジすることを決めました。
オペをするなら、いままで気になっていた治療も同時にやってしまおう!と思い、頬のたるみ・毛穴の開きを改善するため、頬に「パルスリポレーザー」を、更にハリや弾力を早期に得る目的と、術後の回復を早める目的のため、FGFを金の糸と吸収糸に浸して皮膚に埋入する「FGF浸潤を行ないました。結果が楽シミ♪

金の糸・パルスリポレーザー・FGF治療当日

当日は、静脈麻酔を行なうため、オペの時間の4時間前までに食事を済ませる必要があるため、いつもより朝食を沢山とりました(^-^)v
(胃の中に食べ物が入っていると、麻酔から目覚めたときに気持ち悪くなって吐いてしまうこともあるみたいです。)

14:00 まずはカウンセリング

処置前に再度メカニズムや注意事項、治療の流れなどを詳しく説明して頂きました。
2回目とはいえ、やはり緊張します…。

14:30 ドクターに診察

実際に金の糸を埋入する箇所や、リポレーザーの照射範囲、眉間の傷の切除範囲など細かく診察していただき、効果の出かたや術後の回復について不安に思うことを聞きました。
ちなみに、「効果の出かたも術後の経過も人それぞれ、全く同じ体質の人はいないからね…平均して2週間から1ヶ月で回復し、その後徐々に効果を実感してきますよ!」と担当の先生は言っていました。

14:40 カルテ用の写真&デザイン

ドクターによるデザインのシーン

まずは、処置前の写真撮りと先生に処置部位のデザインをして頂きました。

14:50 いよいよベッドに…

きました…とうとうこの時が、やっぱりオペ台は緊張(汗)あっという間に固定されナースさんの「すぐ眠くなりますよ~」という言葉とともに静脈麻酔を入れ3秒ほどでお休みしちゃいました。

16:30位

先生の「大丈夫?」という声で意識が戻り、あれ?もう終わったのかな?それともこれから?と考えていた記憶がありますが、ベッドを移動し、更に眠ってしまったようで、気がついたときは、18:00頃でした。まだまだ眠かったので、そのままお休みさせていただきました。

1週間後

金の糸の施術1週間後

見た目についてはオペ後、2日間はボールのようにまん丸に腫れていましたが、3日目位から徐々に引きはじめ、1週間後にはお化粧をするとほぼ気づかれない程です。痛みや違和感は2日目までは何もなく、ただ腫れていることによる引っ張られる感じがあっただけでした(傷が治る過程で起こる“拘縮”という過程で感じることもあるようです)。3日以降から時々皮膚の中からチクチクする感じと、首の一部分のみ若干痛みが続きました。

9日後

金の糸の施術9日後

ほとんど、腫れはなく内出血も青色から黄色に変化し、回復に向かっています。針穴は所々ニキビの後のような状態の部分はありますが、お化粧してしまえば分かりません。
洗顔時や横になったときにチクッとする部分はまだありますが、一瞬なので気になりません。

2ヵ月後

金の糸の施術2ヵ月後

この頃から、友人などから「フェイスラインが引き締まった」「化粧品何使っているの?」と聞かれるようになりましたが、自分自身は毎日鏡を見ているので、あまり実感はありませんでした。が・・・写真を撮って見て一番気になっていたほうれい線や頬のこけた印象が、改善されているのが分かり、とても満足しています。
月日が経つごとに、お肌のターンオーバーが活性化され、更に美肌とハリやツヤが甦る金の糸美容術®に、熱の効果で引締めとハリを得ることの出来るパルスリポレーザー。また、何といっても、皮膚再生に欠かせないFGF(線維芽細胞増殖因子)のトリプル効果で、今後の美肌への変化の過程が本当に楽シミです。

無料お問い合わせ

お電話かメールでカウンセリングのご予約やご相談、資料請求などができます。
お電話の際は、「ウェブサイトを見た」と言うとスムーズに進みます。

金の糸美容術®を一度目は別のクリニックで2回目はベル美容外科クリニックで施術された方の体験レポートです。