言語を選択してください

  • 日本語
  • 中文
アンチエイジング
身体
発毛外来
その他

ボトックス注射の値段と種類の関係

美容外科でよく使われているボトックス注射ですが、その効果は打つ場所によってさまざま。眉間や目じりのしわを目立たなくしたり、エラの張った顔立ちをすっきりさせたり、脇汗を抑えて臭いや不快感をカットするといった使い方もあります。色々な悩みの解消に役立つボトックス注射は人気の施術といえますね。しかし病院によって値段にばらつきがあり、何を基準に選べばよいのか分からないという人も多いのではないでしょうか。

2246991_1

アラガン社のボトックス

そもそもボトックスとはA型ボツリヌス毒素から抽出した毒性のない製剤のことですが、アメリカのアラガン社が国際商標権をもつ医薬品の名称でもあります。アラガン社のボトックス注射はしわ取り施術の世界シェア7割を超えるなど、信頼とブランド力も抜群。中でもボトックスビスタは徹底的な品質管理から保証される安全性と抜群の効果により日本の厚生労働省から唯一承認を得ています。値段の面からみるとボトックスビスタよりもボトックスのほうが手ごろですが、ブランドネームや人気の高さからボトックスビスタを取り扱っている病院も多いようですね。

韓国製のリジェノックス

2246991_2

アラガン社のボトックス注射のほかにも選択肢はあります。値段の安さから人気を集めているのが韓国製のリジェノックスです。リジェノックスはアラガン社のボトックスと同じA型ボツリヌストキシン製剤で、韓国でのKFDA(韓国食品医薬品安全庁)の認可を受けているので安全性も確立されています。世界30カ国以上で使用され、日本でも多くの症例があります。多くの臨床治験を実施し従来品と同等の効果が認められていることから、施術にかかる費用を抑えたいという人にはおすすめの薬剤です。

ジェネリック(後発医薬品)という選択肢も

Menoshita_Wrinkle1_3

ボトックスは一度の注射ですぐに効果が得られますが、持続性は比較的短く、3ヶ月~半年に1度施術を行う必要があるので、薬剤の値段も気になるところではないでしょうか。とはいえ、直接肌に薬液を注入するわけですから、安全性ももちろん重視したいもの。そういったニーズにあった商品として、ジェネリック製品が注目されています。特にリジェノックスの場合は臨床治験を行わないジェネリックとは違い、第三者臨床治験まで韓国で正式に実施されているので安全性でも高評価、信頼できる薬剤と言えます。値段の面でボトックスをためらっている人にとっては、ジェネリックという選択肢が加わったことでより身近に感じられるのではないでしょうか。

自分の状態に適した施術を予算内で受けるためには、ボトックスの種類について知っておくことが大切ですね。気になる部分がある方は、ぜひベル美容外科にご相談ください。

無料お問い合わせ

お電話かメールでカウンセリングのご予約やご相談、資料請求などができます。
お電話の際は、「ウェブサイトを見た」と言うとスムーズに進みます。