言語を選択してください

  • 日本語
  • 中文
アンチエイジング
身体
発毛外来
その他

知っておきたいボトックス注射の副作用とは

年齢とともに気になる顔のしわやたるみ。女性にとってアンチエイジングは大きなテーマでもありますよね。こうしたお悩みの解決に役立つのがボトックス注射です。年齢が出やすい目元のしわや、フェイスラインのたるみやエラなどさまざまな部分に使われています。しかし一方で、薬剤を直接体に注入するわけですから副作用などにも注意が必要になります。失敗しないためにも、正しい知識を身につけてから施術を選びたいですね。

筋肉の働きが変わることで起こる頭痛

2248578_1

ボトックス注射はボツリヌス菌毒素から精製した薬剤で、筋肉の動きを弱める働きがあります。この働きを利用して、筋肉を動かすことによってついたしわを目立たなくする、または筋肉の発達によって目立ってしまったエラを小さくすることができるのです。ボトックス注射の副作用としてよく挙げられるのが頭痛。特
に眉間や額のしわとり時に多く見られます。これはボトックスの効果で筋肉を弛緩し、普段使っていない筋肉を使って表情を動かすために起こります。しばらくすると落ち着いてくることがほとんどなので、施術の直後にはゆっくり休息がとれるようなスケジュールにしておくと安心できます。

額への注入が眉毛部分に影響することも

2248578_2

ボトックスを注入すると筋肉の働きが変わってしまうので、注入した箇所以外に影響がでることも考えられます。特に副作用に関する注意が必要なのが、額への注入です。額はしわが出やすく、気になっている人も多い部分。ボトックス注射によって筋肉の動きを抑制するので、しわのない若々しい額を手に入れることが出来ます。しかし注入する量の加減によっては、眉毛が不自然に垂れ下がってしまい失敗につながることもあります。事前に注意喚起していますが、額のしわを十分に取るためには多くの注入が必要になり、眉の垂れ下がりよりも額のしわとりを重視する声も多いのが現状です。

因みに現在ベル美容外科では、特殊な打ち方をすることで、眉毛が垂れ下がることを防げるようになっています。

目尻の注入で目つきが変わる?

目尻の小じわは年齢が出やすく、ここを改善するだけでぐっと若々しく見えることからボトックスを希望する人も多いですよね。確かに目尻の細かな表情しわにはボトックスが効果的ですが、場合によっては元々の目つきが変わってしまうことも考えられます。目尻の筋肉の働きが変わることで、目つきがきつくなったり顔立ちの印象に変化ができたりすることもあります。目は顔の中でも特に目立つ部分なので、失敗したくないところ。事前の確認が重要になります。

カウンセリングを受け、相談しながら施術を進めるのが大切

2248578_3

いかがでしたか?ボトックスは極めて安全でポピュラーな施術のひとつではありますが、筋肉に働きかけるものなので元々の皮膚や筋肉の状態によっても仕上がりに違いが出ます。ボトックスを打つのに適した状態であるのか、他に適した施術はないのかなど、副作用が起こる可能性を頭に置いた上で検討していくのが失敗しない方法と言えます。不安な場合は、ぜひご相談ください。ベル美容外科では、カウンセリングや相談を通して適した施術をご案内いたします。

無料お問い合わせ

お電話かメールでカウンセリングのご予約やご相談、資料請求などができます。
お電話の際は、「ウェブサイトを見た」と言うとスムーズに進みます。