言語を選択してください

  • 日本語
  • 中文
若返り

(アンチエイジング)

身体
発毛外来
その他

異常なほど汗をかく!これってもしかして多汗症!?

smell-armpit003-img01

多汗症という病気についてお聞きになったことはありますか?認知度は低いものの、実は日本人の7人に1人が多汗症の症状があるというから驚きです。特に、脇の下の多汗症を持つ人は約720万人で、そのうちの半分に当たる約358万人は重度だと言われています。あまりにも汗をかいて異常に感じるという人は、もしかすると多汗症が原因なのかもしれません。多汗症は治療によって症状を軽くすることができます。注目されている治療法についてご紹介します。

注目の治療法!ボトックス注射

smell-armpit003-img02

多汗症の治療として広く知られており、たいへんお手軽なのが、ボトックス注射です。ボトックスを注射によって体内に注入することで、異常な汗の排出を止めるという効果があります。効果が続くのは3ヶ月から6ヶ月ほどですが、治療そのものはわずか10分ほどで、切開などの手術は必要ないという手軽さが注目されている理由です。

ボトックスとはどんな物質なの?

ボトックスには、神経の末端部分から分泌されているアセチルコリンという神経伝達物質の分泌を抑制するという作用があります。ボトックスの成分の元となっているのは毒として知られるボツリヌス菌ですが、無毒化してある上に、人体に無害な量を使用しているため、治療として用いても安全であることが確認されています。

どうしてボトックスが多汗症に効くの?

smell-armpit003-img03

多汗症の人は、エクリン汗腺から必要以上に汗が分泌されている状態にあります。これには緊張やストレス、不安といった精神的な理由や食生活やホルモンバランスの乱れが関係していることが少なくありません。いずれにしても、汗をかくときにはアセチルコリンが分泌され、交感神経の末端で発汗を促します。ボトックス注射で体内にボトックスを注入していると、アセチルコリンの分泌が抑制されるので、過剰な汗をストップさせることができるのです。

薬で汗を抑えるのは大丈夫?健康には害はないの?

薬によって発汗を抑えると聞くと、身体に何らかの害や負担をかけてしまうのではないかと心配になる人もいるかもしれませんね。しかし、脇の汗腺から出る汗は全身の汗腺のわずか2%ほどです。また、薬によって抑えられた脇汗は他の汗腺に分散されてきちんと体外に排出されるため、健康への害はほとんどないといわれています。過剰な汗で悩んでいる人は、多汗症が原因なのかもしれません。手軽にできて効果も高いボトックス注射による治療を一度検討してみるのはいかがでしょうか。

無料お問い合わせ

お電話かメールでカウンセリングのご予約やご相談、資料請求などができます。
お電話の際は、「ウェブサイトを見た」と言うとスムーズに進みます。