言語を選択してください

  • 日本語
  • 中文
アンチエイジング
身体
発毛外来
その他

疲れ顔から卒業!美容整形ならではの目の下のたるみの治療方法

しわやしみなど、年齢に伴う肌のトラブルは女性にとって大きな悩みでもありますよね。特に気になっている人も多いのが、クマのような目の下のくぼみ。しわよりもごまかしが効かず、疲れ顔に見えるのが困りものです。目の下の影は、実は目の下のたるみが段差を作ってしまうために現れます。マッサージや顔の体操などで解消しようと思ってもセルフケアには限界があり、不自然な動かし方をするとかえって他の部分にしわが出来てしまうかもしれません。今回はどんな改善方法があるのか、見てみましょう。

2249600_1

目の下のたるみに使われる一般的な整形方法

2249600_2

目の下のたるみを取るには、整形手術が一般的です。下眼瞼脱脂やたるみ取りという施術がよく用いられます。下眼瞼脱脂は下まぶたの裏側を切開して余分な脂肪を取りだす、たるみ取りはまつげの生え際を切開し余分な皮膚を取りだす方法です。よくある特徴としてどちらも脂肪の量が多く、その結果目の下がくぼんだり、膨らんだりするので、化粧品やマッサージだけでは解消しにくく、整形手術が有効な手段と言えます。しかし切開が必要なので1週間ほどの腫れがあり、たるみ取りに関しては抜糸の必要もありますが、こればかりは手術でしか解決が出来ないもので、美容整形初心者にはなかなかハードルが高いものでもあります。

整形手術にプラスアルファ・ベル美容外科のFGFなら綺麗な補正が可能

下眼瞼脱脂やたるみ取りは確かに目の下のたるみを改善するにはよい整形手術ではあります。しかしオペで脂肪を取りだしてしまうので、取り過ぎにより、仕上がりがへこんでしまうことは、実は多くのクリニックでよく見られ、患者からよく心配される悩みの一つでもありました。そこで、ベル美容外科では下眼瞼脱脂にFGF注入を組み合わせることをおすすめしています。FGFは人体で作られるたんぱく質の一種で、組織の再生を促すものです。脂肪を取った部分のへこみやしわに注入することで、程よく細胞を再生させ、膨らみを与えるのでより美しく補正します。一般の下眼瞼脱脂のデメリットをカバーすることが出来るので、おすすめの施術です。

FGFだけでたるみを改善することも

FGFは従来の潤いや張りを与えるコラーゲンの上をいく施術として注目されている最先端の再生療法です。脂肪を取った際のへこみのカバーだけでなく、単独でたるみやしわの改善にも役立ちます。もちろん、手術をすることで、たるみをよりきれいに取ることは可能ですが、手術と聞くとどうしても怖いイメージを持たれる人は少なからずいます。ベル美容外科では、軽度の目の下のたるみであれば、FGFのみでたるみを目立たなくできる場合があります。FGFは切開せずに注入するだけなので手軽でき、その後の回復も早く腫れの期間も短くて済むというメリットもあり、いきなり手術は怖いという患者様に多く利用されております。

自分で判断せずにまずは相談

2249600_3

たるみの状態によってはFGFではカバーできないこともあり、必要な施術は異なります。まずは無料カウンセリングを受けて自分にあった施術を確認してみてはいかがでしょうか。充実のメニューが魅力のベル美容外科なら、きっと満足した仕上がりが手に入るはずです。

無料お問い合わせ

お電話かメールでカウンセリングのご予約やご相談、資料請求などができます。
お電話の際は、「ウェブサイトを見た」と言うとスムーズに進みます。