言語を選択してください

  • 日本語
  • 中文
若返り

(アンチエイジング)

身体
発毛外来
その他

ダウンタイムと気を付けたいポイント(水光注射コラム)

水光注射は日帰りで受けられる人気の施術です。しかし、体験したことのない人の中にはその痛みやダウンタイムが気になる方もいることでしょう。ここではそのダウンタイムや術後の注意点など、気になるポイントについてご説明いたします。

施術中の痛みについて

水光注射のダウンタイムと気を付けたいポイント

水光注射は、文字通り細い針を使って肌に注入をします。痛みには個人差があるものの、ほとんどの場合ちくちくとした小さなもので我慢できないほどではありません。注入するスピードや量は、機械によって一定に調整されています。お肌の状態によっては針を深くし、量も少し多めにすることが可能です。このように痛みが予想される場合は、麻酔クリームを塗って施術を行うことが多くなります。さらに痛みを軽減したい方は針の深さを浅くコントロールすることもできるので、痛みへの耐性も含めて事前に医師と相談をしておきましょう。

施術後は皮膚の表面をクールダウンさせて痛みや赤みを落ち着かせます。痛みもそのタイミングで大部分が引いていくので、それほど長続きはしないと思って良いでしょう。

術後も皮膚表面がでこぼこしない

水光注射のダウンタイムと気を付けたいポイント

機械で注入する量や圧力を一定にコントロールすることは、ダウンタイムにも大きな影響を与えます。医師の手で注入していた以前の施術法では、バラつきでどうしても膨らんでしまう部分が出やすいリスクがありました。

しかし、水光注射のマシンでは速度や針の深さまで細かく調整できるので、安定して皮膚に効果をもたらすことができます。それぞれの肌の症状にも合わせて施術が行えるので、術後の影響をより軽く済ませたいという方にも対応できるので安心です。

気になるダウンタイム

水光注射のダウンタイムと気を付けたいポイント

術後は、ほてりを生じることもありますが、冷やす対処を続ければ数時間で落ち着きます。 また、人によって少しの腫れや赤み、内出血が起こることもあります。ほとんどが3日以内に収まりますが、ぽつぽつとしたそばかすのような痕が1週間ほど残る人もいるようです。いずれ改善されるので、完全に落ち着くまで失敗したと考える必要はありません。 水光注射は、比較的すぐにその効果を感じることができます。ダウンタイムも短く肌の状態を改善してくれるので、忙しい人にもおすすめの施術です。

術後の施術部分の扱い方

水光注射の施術後は、叩いたり強くこすったりなどの刺激に注意すればすぐにメイクをすることも可能です。そのため、素顔のまま帰宅するのが嫌な方も安心して受けることができます。また、内出血などが気になる場合でもメイクで隠せるので、日常生活にもほとんど影響しません。 洗顔やシャワーも当日から可能ですが、紫外線の強い昼間に外出する際は日焼け止めを使用することをおすすめします。

無料お問い合わせ

お電話かメールでカウンセリングのご予約やご相談、資料請求などができます。
お電話の際は、「ウェブサイトを見た」と言うとスムーズに進みます。