言語を選択してください

  • 日本語
  • 中文
アンチエイジング
身体
発毛外来
その他

メリットと副作用のリスク(水光注射コラム)

年齢を重ねると小ジワや肌のカサカサなどが気になってきます。それに対して、さまざまな美容法が提案されてきましたが、美容先進国、韓国で開発され、注目を集めいているのが水光注射です。その効果や副作用の問題などについて解説をしていきます。

うるおいをなくした肌をよみがえらせる水光注射

melit-and-risc01-img02

水光注射は、ヒアルロン酸をベースに各ビタミン、ボトックス、成長因子などをブレンドした美容保湿成分を真皮の浅い層に注入する治療法です。ヒアルロン酸は、もともと真皮の中で作り出される成分ですが、歳をとると共に減少していきます。しかし、水光注射を行えば、その補充が可能です。さらに、美容に有効な成分を注入することによって、肌の細胞が再構築され、コラーゲンや肌の水分量が増加していきます。その結果、乾燥肌や小ジワの改善や、毛穴の引き締め、美白などの効果が現れてくるのです。

決して安くはない治療費

melit-and-risc01-img03

大変注目されている水光注射ですが、デメリットと言えば、治療費が高いことです。1回の治療で、5万円~10万円程度の費用が必要になります。しかも、その効果を維持するためには、数カ月に1度のペースで注射を打ち続けなければなりません。決して、安い治療法とは言えないでしょう。ただ、韓国なら日本より治療費が安いので、旅行のついでに施術を受ける方もいます。

水光注射による副作用

人によっては、施術の副作用で顔が腫れたり、赤くなったりする場合がありますが、ほとんどの方は数日間で収まるので、それほど心配はないでしょう。また、注射をした時に雑菌が入って化膿することもあります。この場合は、病院で治療すれば元に戻ります。さらに、注入する成分は肌の状況によって変わるので、それぞれの成分における副作用の有無を見極めることが大切です。とは言え、水光注射の精度は年々上がってきており、ここ最近で、副作用による大きなトラブルがあったという話も聞きません。水光注射による副作用は絶対ないわけでありませんが、深刻な事態になる確率は極めて低いと言えます。ただ、妊娠中や授乳中の方、あるいはアレルギー体質の方は施術を受けることはできませんので気をつけてください。

水光注射ならではの美しい仕上がり

melit-and-risc01-img04

水光注射は1回の施術に要する時間が短く、忙しい方でも気楽に受けられるのがメリットのひとつです。1回要する時間は、30分~1時間程度です。そして、最大の魅力は、仕上がりの美しさです。従来のヒアルロン酸注入では、注入量にバラツキがあり、どうしても顔全体にかすかな凸凹が残るという欠点がありました。しかし、水光注射では、自動注入システムを用い、顔全体にまんべんなく成分を行き渡らせることが可能です。つまり、極めて精度の高い美容治療なのです。

無料お問い合わせ

お電話かメールでカウンセリングのご予約やご相談、資料請求などができます。
お電話の際は、「ウェブサイトを見た」と言うとスムーズに進みます。