言語を選択してください

  • 日本語
  • 中文
アンチエイジング
身体
発毛外来
その他

老け顔といわれてしまう!ゴルゴ線の原因は?

gorgo-line002-img01

ゴルゴ線ができてしまう原因には、表情筋の衰え、肌のコラーゲン成分の減少、皮下脂肪の衰えなどが挙げられ、そのほとんどが年齢とともに現れやすい症状となっています。 しかし、年齢に関係なく若年層でも悩んでいる人もいるようです。 今回は、ゴルゴ線が出来てしまう原因に迫ります。

生まれつき出やすい人もいる?!

gorgo-line002-img02

顔には、細かな筋肉がたくさんありますが、その上を脂肪と皮膚が覆っています。生まれつき脂肪が薄かったり、皮膚の弾力が少なかったりすると、筋肉と筋肉の隙間が目立ってしまい、溝ができたように見えてしまいます。他には目が大きい人もしわができやすいといわれています。瞼を動かすための筋肉が発達しすぎることにより、隣の筋肉との隙間が目立ってしまうことが要因となります。また、生まれつきとは少し異なりますが、日常の表情のクセがある場合にも、しわができてしまうことがあるようです。特に気をつけたいのが、「無表情」。表情筋が衰えないように、常に表情豊かにしておく必要があるようです。

最近の社会環境も問題に

パソコン仕事

日常生活においてパソコンやスマートフォンを使うことが多くなったことも、ゴルゴ線が出来てしまう原因のひとつです。疲れ目は、しわを作ってしまう最大限の要因となります。目が疲れると血行不良になってしまい、老け顔になってしまうことが多いようです。また、パソコンやスマートフォンを見ているときは、ほとんどの時間が無表情になっているのではないでしょうか?それは、表情筋を退化させてしまう要因となります。暖房環境などにも、問題がある場合があります。かつてはストーブの上にやかんなどを置いて湿度対策を行っていたものですが、最近は家庭でもオフィスでも、乾燥しやすいエアコンやヒーターなどを使用しています。常に乾燥した空気に肌がさらされていると、肌表面の弾力も落ちてしまい、しわを作ってしまう要因にもなってしまうのです。

最良の解消方法は

若いうちから、ゴルゴ線に悩まされている人には、メイクでカバーしている人も多いようです。でも、毎日のメイクが大変ですよね。メイクのために朝早く起きなければならなくなると、寝不足が心配です。寝不足が美容の大敵であることは、よく知られていますよね。そんな悩みを解消するには、美容外科を頼ってみるのもひとつの解決方法です。これまでは、ヒアルロン酸注入を行うことにより、皮下脂肪の退化を補っていましたが、この手法には効果が長くても半年しか持たないという、致命的な弱点がありました。現在は、FGF注入という新しい手法が開発されています。人体で作られるたんぱく質の一種である線維芽細胞増殖因子を注入することによって、自分の皮膚細胞を再生させることができるのです。よって、その効果は1年以上といわれており、身体への負担も少なく済みそうですね。

無料お問い合わせ

お電話かメールでカウンセリングのご予約やご相談、資料請求などができます。
お電話の際は、「ウェブサイトを見た」と言うとスムーズに進みます。