言語を選択してください

  • 日本語
  • 中文
アンチエイジング
身体
発毛外来
その他

ほうれい線より老けて見える?マリオネットラインが怖すぎる!

マリオネットライン

マリオネットラインはほうれい線の延長線上に位置し、口の両端から顎にかけてまっすぐに伸びるしわです。糸で操るマリオネット人形のように見えることからマリオネットラインと言われていますが、ほうれい線と同じように皮膚・皮下組織・筋肉の衰えによって出来てしまいます。女性にとっては最も嫌なしわの1つですよね。今回はこのマリオネットラインについてご説明します!

どういう人が出来やすいのか

マリオネットラインが出来やすい人

マリオネットラインは表情筋の1つである口角下制筋が縮んだり固くなったりすることでできます。この筋肉は上唇と口角を下の方に動かす筋肉で、口を強く閉じる人・への字口の人、ふっくらした人・鼻と口の間隔が狭い人・あごの細い人に出やすい傾向にあります。また、歯のかみ合わせの悪さなども原因となると言われています。いろいろなことが重なってマリオネットラインが出来上がるんですね!とくに顔がふくよかな人は脂肪がおおいかぶさるようにしてたるみ、マリオネットラインとなってしまうので注意しましょう。

ほうれい線以上に老けてみえる?

頬や皮膚の筋肉がたるみ脂肪が下垂して出来たマリオネットラインはほうれい線以上に老けて見え、また、不機嫌そうなイメージを与えてしまう厄介なものです。人間は表情で第一印象を決めてしまうので、普通にしているだけなのに「ムスッとして見える」「不機嫌そうに見える」という印象を持たれてしまうのは悲しいですよね。日頃から口角を上げる練習をする、食べすぎない様にするなどの注意も必要です。

噛み合わせを改善して表情筋を鍛えよう!

かみ合わせの原因

かみ合わせの悪さが影響している場合は歯科医の治療が必要です。特に歯が抜けたままにしている人や虫歯が痛くていつも左右どちらかばかり使ってしまうという人も注意しましょう。食事を取る際はよく噛んで食べるなどして日頃から表情筋を鍛えておくと良いですね。ただしやり過ぎてしまうと逆にえらが張ってしまい、同じ筋肉ばかり使ってしまい表情しわになることもあるので、鏡を見ながら顔全体を動かすように注意しましょう。

根本的に改善したい人はFGF注入が効果的

マリオネットラインは脂肪が垂れ下がって起こることもあり、分厚い脂肪がある場合はなかなか治療が難しいこともあります。日頃から顔に脂肪をつけすぎない、表情を鍛える、などの努力も必要です。加齢によってできたものはFGFを注入することによってコラーゲンの生成を促し、肌内部からハリが生まれることによってしわを改善させる効果が期待できます。手遅れになる前にマリオネットラインが気になったらすぐに治療を始めることが大切です。

無料お問い合わせ

お電話かメールでカウンセリングのご予約やご相談、資料請求などができます。
お電話の際は、「ウェブサイトを見た」と言うとスムーズに進みます。