言語を選択してください

  • 日本語
  • 中文
若返り

(アンチエイジング)

身体
発毛外来
その他

DNA検査

どの処方が自分に合っているか、どの処方が効果的か、またどの処方は受けられないか、遺伝子検査により判別いたします。遺伝子レベルから検査するため、副作用などを起こしやすい状態の方には別の処方などきめ細やかな処方ができます。また、遺伝子検査により、食生活からの改善を提案もできます。まずは、自分自身を知ることがいかなる処方を受けるにしても大事となります。

分析6パターン

DNAとはデオキシリボ核酸(DeoxyribonucleicAcid)の略で、2本の鎖がお互いに絡まりあったような2重螺旋の構造をしています。DNAには人を構成する情報が収められています。
DNA検査によって、毛髪関連遺伝子を脱毛しやすいかどうかの脱毛促進因子と薬が効きやすいかどうかの脱毛酵素阻害薬によって6パターンに分析します。

分析6パターン

脱毛促進因子とは?

5αリダクターゼは前頭部、頭頂部の毛乳頭に存在しています。男性ホルモンが毛乳頭内に入ると、5αリダクターゼにより、DHT(ジヒドロテストステロン)に変換されてしまいます。DHTは毛乳頭内のレセプターと結合し、薄毛を引き起こします。
DHTは脱毛ホルモンとも呼ばれています。DHTは毛乳頭内で退行誘導因子を生成し、毛母細胞の働きが弱くなってしまいます。その結果、ヘアサイクルは短くなり、抜け毛は増えてきます。前頭部、頭頂部の薄毛はほとんどがDHTによって引き起こされます。

脱毛酵素阻害薬って?

フィナストリドなどによる薬の効きやすさを示す値になります。
育毛お薬は体質によって体に害をなす場合もあります。
体質に問題がないかは血液検査をすることにより見極めていきます。

DNA検査による分類

DNA検査による分類

DNA検査による分類

DNA検査パターン別性格

DNA検査パターン別性格

お値段

¥43,200

無料お問い合わせ

お電話かメールでカウンセリングのご予約やご相談、資料請求などができます。
お電話の際は、「ウェブサイトを見た」と言うとスムーズに進みます。

DNA検査で髪の抜け方や治療法ががわかる。人それぞれ髪の抜ける原因は様々です。治療法もその人にあった治療をしなければ効果がないどころか副作用をもたらします。DNA検査をして効果的な髪の育毛方法を理解しましょう。