言語を選択してください

  • 日本語
  • 中文
アンチエイジング
身体
発毛外来
その他

髪の毛が抜ける原因

髪の毛が抜ける原因は様々となります。原因はさまざまですが、基本的な要因は何らかの生活習慣の原因で血行不良がおこり髪の毛に栄養が行き届かない場合と遺伝により自然とおこる場合に大きく分けられます。

遺伝による薄毛

遺伝による薄毛

男性型脱毛症が遺伝する要素は2つあります。
ひとつは「5α-リダクターゼ」という還元酵素で男性ホルモンをより強力に変換します。男性ホルモンは男性の男性らしさを作り出すホルモンで、男性ホルモンが多いと薄毛の原因ともなっていきます。
もうひとつは、この強力な男性ホルモンに敏感かどうかの「感受性」という性質の遺伝となります。男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」に「変身する力」と「反応する力」が加わると薄毛になります。
薄毛が遺伝するかどうかはこの「感受性」と「5α-リダクターゼ」の酵素活性のバランスによって決まります。

睡眠が不規則である

睡眠が不規則である

睡眠が不規則になると頭皮への血行不良が起こり、抜け毛が増えていきます。
また夜の睡眠時に髪の毛が成長するのでその時間に睡眠をとらなくなることにより、髪の成長をさまたげます。

仕事のプレッシャーが強い

仕事のプレッシャーが強い

ストレスは血圧などをコントロールしている自律神経を乱し、血管を収縮させ、血液の流れを悪くします。
血行不良は髪の毛を発育させる毛母細胞へ十分な栄養が行きわたりにくくなり、毛が細くなったり抜け毛の原因になります。
血行不良は毛根への栄養補給を鈍らせ、毛細胞の働きも阻害します。
働きの悪い毛細胞からは健康な毛髪は形成されず、すぐ抜けたり、コシの弱い髪ばかり生えてきます。

肩こり腰痛が激しい

肩こり腰痛が激しい

肩こりや腰痛は抜け毛に関係なくも思えますが、腰痛が起こると姿勢が悪くなり、肩こりを引き起こし、肩こりがひどくなると頭皮への血行が悪くなり、栄養が運べなくなります。肩こりや腰痛を改善することにより、髪の毛への栄養をしっかり運ぶことが可能になります。

ダイエット

ダイエット

過度なダイエットは頭皮への栄養を滞らせてしまい、またストレスを多く感じることにより、髪の毛には非常に悪い状態となります。

タバコを吸う

タバコを吸う

ニコチンは血行を抑制する働きがあるため、頭皮への栄養を妨げます。

お酒をよく飲む

お酒をよく飲む

アルコールは分解されると「アセトアルデヒド」に変わります。これは血液中の酸素や栄養素を消費させるので、頭皮に栄養を送るのを妨げ、結果として育毛に悪い影響を与えてしまいます。
少量であれば血行を促進するのですが、多量に飲むことは髪の毛にもよくありません。またアルコールを飲んで眠ると睡眠が浅くなるため、こちらも髪の毛には良くありません。

無料お問い合わせ

お電話かメールでカウンセリングのご予約やご相談、資料請求などができます。
お電話の際は、「ウェブサイトを見た」と言うとスムーズに進みます。

髪の毛の抜ける原因は多種多様。遺伝によるものから生活習慣によるもの。原因を知っておくとより効果的な対策もできます。