言語を選択してください

  • 日本語
  • 中文
アンチエイジング
身体
発毛外来
その他

眉毛下切開

眉毛下切開

眉毛下切開とは

眉毛下切開とは、加齢等の要因によりたるんだ上まぶたを眉毛のラインに沿って切開し、余分に皮膚を切除することで、上まぶたのたるみや厚みを軽減する施術です。
同じ上まぶたのたるみを解消する施術の「上眼瞼たるみ取り」では、二重のラインを切開するため、目が二重になることで目の印象が変わってしまいます。
しかし、眉毛下切開では、眉毛の下のラインに沿って切開を行うことで、目の印象を大きく変えることなくたるみを解消することができます。
特に、周囲に知られたくない方に適した施術方法です。

こんな方にお勧め

  • 上まぶたのたるみを取りたい
  • 加齢等の理由で元の二重のラインが隠れてしまった
  • 上まぶたに脂肪が多く、厚みがある
  • 一重、奥二重のままたるみを取りたい

施術方法

眉毛下切開の施術方法

眉毛下切開は、眉毛の下のラインに沿って切開をし、余分な皮膚や脂肪を切除し、縫合します。

上まぶたのたるみ取りと比較すると、眉毛に隠れて傷跡が目立ちにくく、腫れの期間が短いことが特長です。

効果

上まぶたの余分な皮膚や脂肪を切除することで、たるみを改善し、厚みが軽減されます。

また、まぶたを持ち上げやすくなることで、視野が広くなり、眼精疲労を軽減する効果も期待されます。
おでこのシワでお悩みの方は、シワが改善されることがあります。

施術について

施術の流れ

  1. カウンセリング
  2. 洗顔
  3. 写真撮影
  4. デザイン・マーキング
  5. 点眼麻酔をした後、局所麻酔
  6. 施術(約60~90分程度で終了)
  7. 必要に応じて冷却を行い、帰宅

効果の持続期間

たるみの原因となる余分な皮膚や脂肪を取り除く事で、長期持続が見込めます。
しかし、加齢によって変化が出ます。

施術に関して

施術時間 約60~90分程度
麻酔 点眼麻酔、局所麻酔
ダウンタイム 個人差がありますが、腫れは1~2週間程度で落ち着きます。
術後、切開部周辺に内出血が出ることがありますが、約1~2週間で治まります。
※眉毛下切開では抜糸が必要となり、抜糸は施術の1週間後を予定しております。
※まぶたの幅は、腫れにより変化がありますが、約3か月程度で落ち着いてきます。
洗顔 翌日から可能ですが、目の周りは強くこすらないようにご注意ください。
メイク 翌日から可能です。
コンタクトレンズ 目にゴロゴロした違和感がなければ、翌日より可能です。
違和感がある場合は、違和感が治まってからご使用ください。
通院 切開後、縫合を行うため、抜糸の必要があります。
通常、抜糸は1週間後を予定しております。

料金

料金の詳細に関しては料金表を御覧ください。

無料お問い合わせ

お電話かメールでカウンセリングのご予約やご相談、資料請求などができます。
お電話の際は、「ウェブサイトを見た」と言うとスムーズに進みます。