シルエットリフトについて
シルエットリフトとは? 施術の流れ
他のリフト糸との比較 リスクと副作用
料金表

シルエットリフトとは?

シルエットリフトは、皮膚を切除せずにリフト糸を挿入することでリフティング効果を期待する施術です。溶けて吸収される円錐状の「コーン」と、溶けて吸収されないポリプロピレン糸が組み合わさったリフト糸を使用します。

こんなお悩みをお持ちの方に

頬や顎下、首のたるみが気になる
たるみやシワを改善したい
フェイスラインのたるみが気になる
法令線を改善したい

特徴

  • 抜糸がないため、通院は1度
  • コーンの部分は約8~10ヶ月で吸収される
  • ポリプロピレン糸は吸収されず、コラーゲン生成の促進が期待できる

適応部位

  • 顎下

施術の流れ

Step1 デザイン

施術を行うドクターがリフト糸の挿入デザインを行います。

Step2 麻酔

点滴で静脈麻酔をかけ、眠っているような状態で局所麻酔を注射します。
眠っているような状態で施術を行うため、痛みは感じにくいです。

Step3 リフト糸の挿入

シルエットリフトのリフト糸を挿入する

頬の場合、側頭部を約2cm程度切開し、皮下組織に糸を挿入します。

Step4 2本目、挿入

リフト糸の2本目を挿入する

同じ切開部からもう1本、皮下組織に糸を挿入します。

Step5 引き上げ、固定

糸を引き上げて固定する

しっかりと皮下組織に定着するまで上方に引き上げて縫合し、固定します。

Step6 回復

施術時間は約1時間程度で、静脈麻酔が覚めるまで約2~3時間は回復室にて休憩していただきます。

他のリフト糸との違い

シルエットリフトに使用する糸の特徴

シルエットリフト糸

  • 円錐状の「コーン」が皮膚組織を引き上げる
  • 糸自体に切れ目がなく、糸の耐久性が高い
  • コーンが円錐状で360度立体的に引き上げ効果が作用する
  • コーンが吸収された後、ポリプロピレン糸の周りに繊維組織が生成され、美肌効果が期待できる

アプトス、ハッピーリフトに使用する糸の特徴

アプトス、ハッピーリフト糸

  • 糸に付いている切れ込みや棘によって皮膚組織を引き上げる
  • 切れ目部分の強度が下がるため、糸が切れるやすい
  • 切れ込みや棘は、平面的に引き上げ効果が作用する

リスクと副作用

手術について

施術期間 1日
施術回数 1回
施術時間 約60分
使用する麻酔 静脈麻酔、局所麻酔

術後について

抜糸 なし
圧迫 あり ※約1ヶ月は圧迫が必要です。
食事制限 制限なし
飲酒 1週間後から
お化粧 翌日から
洗顔 翌日から
シャワー 翌日から
入浴 1週間後から
洗髪 翌々日から
ヘアカラー 1ヶ月後から
マッサージ 1ヶ月後から
その他の注意事項 切開部分にカラー剤やパーマ剤などが入ってしまうことで感染症を引き起こす可能性があります。

ダウンタイムや副作用 個人差があります。

痛み 約1週間程度
腫れ 約1週間程度
内出血 約1週間程度
赤み 約3日間

料金表

施術部位 価格(税込)
あご下(首)(4本) ¥302,400
両頬(フェイスライン)(8本) ¥572,400
あご下(首)+両頬(フェイスライン)(12本) ¥699,840

シルエットリフトTOPへ

PAGE TOP