レーザーで脂肪を減少、お休みが取りにくい方にも

脂肪溶解レーザーは、脂肪層に直径1mmのレーザーカニューレを挿入し、脂肪細胞そのものを破壊・溶解します。
溶けた脂肪は排泄物として体外に排出され、脂肪細胞の数を減らすことで部分痩せが期待されます。
また、筋肉層や血管、神経などにダメージを与える可能性が低いため、比較的安全に受けていただける施術です。

特徴

  • 傷跡が約1mm程度で目立ちにくい
  • 1度で広範囲の施術が可能
  • 比較的ダメージが少ないので腫れ、内出血が起こりにくく、日常生活に支障が出にくい

こんなお悩みをお持ちの方に

脂肪吸引には抵抗がある
脂肪吸引後、もう少し細くしたい
セルライトが気になる
二の腕やふくらはぎを細くしたい
頬(フェイスライン)や顎下のたるみが気になるが、フェイスリフトには抵抗がある
部分痩せしたい
痩せた後の皮膚のたるみが心配

適応部位

  • 両頬(フェイスライン)
  • 顎下
  • 二の腕
  • 二の腕付け根
  • 背中
  • 腹部(上腹部・下腹部・側腹部)
  • 腰部/側腰部
  • 臀部
  • 大腿(外側・前側・後ろ側・後ろ上側・内側)
  • 膝上
  • ふくらはぎ

症例写真

脂肪溶解レーザー  NO.B-0010 Before:施術前
Before
脂肪溶解レーザー  NO.B-0010 After:施術後
After

施術名 脂肪溶解レーザー
説明 脂肪層にレーザーカニューレを挿入し、脂肪細胞を破壊・溶解します。
副作用 内出血、発赤、熱感、痒み、痛み、だるさ、乾燥、発熱など
料金 両頬 ¥270,000
フェイスバンド ¥3,240

リスクと副作用

手術について

施術期間 1日
施術回数 1回
施術時間 1部位 約20分
使用する麻酔 局所麻酔 ※2部位以上施術を受ける場合、静脈麻酔を併用。

術後について

圧迫 約1週間は圧迫が必要
飲酒 術後7日目から
お化粧 翌日から
洗顔 翌日から
シャワー 翌日から
入浴 術後7日目から
マッサージ 1ヶ月後から

ダウンタイムや副作用

痛み 個人差がありますが、約2日間は痛みを感じます。
腫れ 個人差がありますが、約1週間程度で徐々に治っていきます。
内出血 個人差がありますが、約1週間程度で徐々に治っていきます。
赤み 個人差がありますが、約2日間は赤みが生じます。

料金表

施術部位 価格(税込)
両頬(フェイスライン) ¥270,000
顎下 ¥270,000
頬(フェイスライン)+顎下 ¥513,000
フェイスバンド ※別途購入、必ず必要です。 ¥3,240

脂肪溶解レーザーTOPへ

PAGE TOP