言語を選択してください

  • 日本語
  • 中文

下眼瞼脱脂(ハムラ法)

下眼瞼脱脂(ハムラ法)とは?

目の下の皮膚に生じるたるみや凹凸を改善し、フラットになる効果を期待する施術です。
目の下の脂肪は脱脂法で取り除く方法が主流ですが、ハムラ法では脱脂だけではなく、目の下の凹んでいる部分に脂肪を移動し、余剰な脂肪を埋めることで、目の下のふくらみとくぼみを同時に解消することが望めます。
さらに、余剰な皮膚を切除することで、目の下のハリ感も期待できます。
※下まぶたの皮膚は眼球を上に向けたり、口を開けたりする際に顔筋により引っ張られるため、多少のゆとりを残す必要があり、施術後も若干のたるみと小ジワが残ることがあります。

下眼瞼脱脂(ハムラ法)

施術方法

下まつ毛の生え際の目立たない皮膚を切開し、たるみが生じている余剰な皮膚を切除します。
皮膚は切除しすぎてしまうと、下まぶたが外反してしまうことがあるため、少しゆとりを残します。

そして、眼輪筋の下部を剥離させ、余分な眼窩脂肪を切除します。
目の下の窪みを埋めるように眼窩脂肪を移動させ、目の下の凹みを埋めます。

切開部の縫合を行い、終了です。

こんなお悩みをお持ちの方に

  • 目の下に膨らみがある
  • 目の下の凹凸が気になる
  • 脂肪で目の下がたるみ、影になっている

リスクと副作用

手術について

施術期間 1日
施術回数 2回 ※切開後に縫合を行うため、抜糸が必要です。
施術時間 約180分
使用する麻酔 静脈麻酔、局所麻酔

術後について

抜糸 あり 通常、施術の1週間後に抜糸のために来院していただきます。
飲酒 1週間後後から
お化粧 翌日から(アイメイクは抜糸の翌日から)
洗顔 翌日から
シャワー 翌日から
入浴 腫れが引いてから(約1週間後から可能)
洗髪 翌日から
マッサージ 痛くなければ可能
コンタクトレンズ 翌々日から
その他の注意事項 足にマニキュアやジェルネイルを施している方は、落とした状態でご来院ください。
施術当日は、まつ毛エクステを外してご来院ください。
施術時〜術後3日間は、コンタクトレンズの使用を控えていただきます。
施術当日は、コンタクトケースや眼鏡等をご持参ください。

ダウンタイムや副作用

痛み 約2日程度
腫れ 約1週間
内出血 2週間程度
赤み 約1週間

料金表

施術名 価格(税込)
下眼瞼脱脂(ハムラ法) ¥756,000

無料お問い合わせ

お電話かメールでカウンセリングのご予約やご相談、資料請求などができます。
お電話の際は、「ウェブサイトを見た」と言うとスムーズに進みます。

下眼瞼脱脂(ハムラ法)とは、目の下の皮膚のたるみや凹凸をなくし、フラットで美しい状態を作る治療法です。 目の下の脂肪は脱脂法を行い取り除く方法が主流ですが、ハムラ法では脱脂だけではなく、目の下の凹んでいる部分に脂肪を移動し、余剰な脂肪を埋めることで、目の下のふくらみとくぼみを同時に解消させることができます。