言語を選択してください

  • 日本語
  • 中文
アンチエイジング
身体
発毛外来
その他

下眼瞼脱脂(ハムラ法)

下眼瞼脱脂(ハムラ法)

下眼瞼脱脂(ハムラ法)

下眼瞼脱脂(ハムラ法)とは

目の下の皮膚のたるみや凹凸をなくし、フラットで美しい状態を作る治療法です。
目の下の脂肪は脱脂法を行い取り除く方法が主流ですが、ハムラ法では脱脂だけではなく、目の下の凹んでいる部分に脂肪を移動し、余剰な脂肪を埋めることで、目の下のふくらみとくぼみを同時に解消させることができる施術です。
さらに、余剰な皮膚を切除することで、目の下にハリも生まれます。
※下まぶたの皮膚は眼球を上に向けたり、口を開けたりする際に顔筋により引っ張られるため、多少のゆとりを残す必要があり、施術後も若干のたるみと小ジワが残ることがあります。

こんな方にお勧め

  • 目の下に脂肪のふくらみがある
  • 目の下凹凸が気になる
  • 目の下に緩んだ涙袋があり、影になっている

施術方法

下まつ毛の生え際の目立たない部分の皮膚を切開し、たるんでしまっている余剰な皮膚を切除します。
皮膚は切除しすぎてしまうと、下まぶたが外反してしまうことがあるため、少しゆとりを残します。

そして、眼輪筋の下部を剥離させ、余分な眼窩脂肪を切除します。
目の下のくぼみを埋めるように眼窩脂肪を移動させ、目の下のくぼみを埋めます。

切開部の縫合を行い、終了です。

効果

目の下の膨らんでいる余分な脂肪をくぼんでいる部分に移動させることで、目の下のふくらみとくぼみを同時に解消させることができます。
さらに、余剰な皮膚を切除することで、余ってだぶついた状態をすっきりさせ、目の下にハリが生まれます。

施術について

施術の流れ

  1. カウンセリング
  2. 洗顔
  3. 写真撮影
  4. デザイン・マーキング
  5. 静脈麻酔
  6. 施術(約120分程度で終了)
  7. 必要に応じて冷却を行い、帰宅

効果の持続期間

ふくらみの原因となる脂肪を取り除く事で、長期持続が見込めます。
しかし、加齢によって、たるみなどの変化は出てきます。

施術に関して

施術時間 約2時間程度
麻酔 静脈麻酔
ダウンタイム 腫れは1~2週間程度で落ち着いてきます。
施術後、目の周辺に内出血が出ることがありますが、約1~2週間で消失します。
洗顔 翌日から可能ですが、目の周りは強くこすらないようにご注意ください。
メイク 翌日から可能ですが、アイメイクは抜糸の翌日から可能です。
コンタクトレンズ 目にゴロゴロした違和感がなければ、翌日より可能です。
違和感がある場合は、違和感が治まってからご使用ください。
通院 切開、縫合を行うため、抜糸の必要があります。
通常、抜糸は1週間後を予定しております。

料金

料金の詳細に関しては料金表を御覧ください。

無料お問い合わせ

お電話かメールでカウンセリングのご予約やご相談、資料請求などができます。
お電話の際は、「ウェブサイトを見た」と言うとスムーズに進みます。

下眼瞼脱脂(ハムラ法)とは、目の下の皮膚のたるみや凹凸をなくし、フラットで美しい状態を作る治療法です。 目の下の脂肪は脱脂法を行い取り除く方法が主流ですが、ハムラ法では脱脂だけではなく、目の下の凹んでいる部分に脂肪を移動し、余剰な脂肪を埋めることで、目の下のふくらみとくぼみを同時に解消させることができます。