深いシワ、くぼみには、FGF(線維芽細胞増殖因子)注入がおすすめ

FGF(Fibroblast Growth Factor)とは、線維芽細胞増殖因子と呼ばれる人体で作られるたんぱく質の一種で、気になるシワくぼみに注入することで線維芽細胞を増殖させます。これは本来、人間が持っている創傷治癒の力(人体が持つ傷を治す力)に着目した施術方法です。
このFGF(線維芽細胞増殖因子)を注入することで、法令線目元のシワくぼみの改善はもちろん、額やこめかみ等の立体的なふくらみへの効果も期待できます。
最近ではグロスファクターメソスキンやPRP(多血小板血漿)などが、多くの美容クリニックで行われていますが、当院のFGF注入は、 それらとは異なり、線維芽細胞そのものを増殖させ、シワやくぼみに特化した注射法です。

こんなお悩みをお持ちの方に

深いシワ
目の上、目の下のくぼみ
頬のコケ
手の甲のシワ
クレーター状のニキビ跡

FGF(線維芽細胞増殖因子)注入について

FGF注入の仕組み

FGF注入でお肌のシワやくぼみの改善が期待できます。FGFを直接皮下に注入することにより、以下の効果が期待できます。

  • 血管の新生を促進
  • 良性の肉芽組織を作る
  • コラーゲン等の弾力性線維を増殖
  • 表皮細胞を増殖させる

なぜFGFなのか?

真皮の70%はコラーゲン、コラーゲンを生産するのは線維芽細胞
「線維芽細胞」は、人間のお肌の真皮層に存在し、コラーゲンを作り出したり、お肌の弾力をもたらす細胞です。真皮層の約70%がコラーゲンであり、ヒアルロン酸エラスチンなども線維芽細胞が直接的または間接的に相互作用をもたらし、重要な役割を担っています。しかし、この線維芽細胞が減少すると、お肌は弾力を失いシワやたるみを引き起こしてしまいます。また、古いコラーゲンが新陳代謝を悪化させ、さらにお肌の老化を招くという悪循環に陥ってしまいます。衰えた線維芽細胞は、サプリメント等でコラーゲンを摂取しても、細胞内に取り込むことはできません。つまり、肌老化とは「線維芽細胞の老化」が原因と言えるのです。そして、線維芽細胞をお肌に直接注入することで老化によるお悩みの改善が期待できます。

ベル美容外科クリニックのFGF(線維芽細胞増殖因子)注入

多くの美容クリニックでは、複数のグロースファクター(成長因子)をカクテルして注入していますが、当院ではFGF(線維芽細胞増殖因子)のみを注入しています。それは、線維芽細胞に対する増殖促進作用が他の増殖因子と比較して非常に強力であるからです。

線維芽細胞の増殖を示す棒グラフ

上記のグラフからもFGFによる線維芽細胞の増殖促進効果が、他の増殖因子と比べて強力であることがお分かりいただけます。シワやくぼみを目立ちにくくするには、FGF(線維芽細胞増殖因子)がとても効果的です。

特徴

  • FGF製剤を直接注入するため、幹細胞注入やPRP等の施術で必要な自己組織の培養や遠心分離の作業が不要であり、感染症等のリスクが低い
  • 自己の線維芽細胞が増殖するため、吸収されず、長期間の効果が期待できる
  • 切開をしないため、ダウンタイムが短い

適応部位

FGF注入施術の適応部位
  • 眉間
  • 目尻
  • 上眼瞼
  • 目の下
  • 上口唇
  • 口の下
  • マリオネットライン
  • ゴルゴライン
  • 法令線
  • こめかみ
  • 頬のくぼみ
  • 手の甲

他の注射との違い

ヒアルロン酸注射との違い

シワやへこみへの施術では「ヒアルロン酸注射」が多く用いられます。FGF注入とヒアルロン酸注射との違いをご説明いたします。

ヒアルロン酸注射

ヒアルロン酸のしくみ
ヒアルロン酸注入は充填剤として、気になるへこみやシワを押し上げる役割があります。注入直後から、効果を実感できますが、徐々に体内に吸収され、約3ヶ月~半年後には元に戻ってしまいます。さらに、細胞の修復はされず再度注入が必要であることから、施術後すぐの効果を期待される方や一時的な効果を望まれる方に適しています。

多血小板療法(PRP皮膚再生療法)

ヒアルロン酸やコラーゲンに代わる、新世代のシワ取り注入療法として多血小板療法(PRP皮膚再生療法)が広く知られています。
PRP療法は、自身の血液を特殊な遠心分離機にかけ血小板を採取し、気になる部位に注入することで、シワを改善する方法です。PRP療法では、高濃度(通常の約2~7倍)の血小板血漿が細胞自体にコラーゲンを増殖させるように働きかけ、肌の再生を図るとされています。血小板は細胞成長因子や細胞増殖因子を介し、肌の細胞に働きかけますが、その作用は非常に弱く、肌の細胞を再生する働きはほとんど認められないため、熱傷治療や皮膚潰瘍治療などで用いられることはほとんどありません。
そのため、深いシワや目の下のくぼみなどには満足できるほどの改善が見られない場合があります。自身の血小板による治療であるため安心感はありますが、シワや凹みの改善効果を考え、当院ではFGF注入が有効だと考えております。

ボトックス注射

ボトックス注射は、A型ボツリヌス菌毒素を使用し、筋肉の働きを弱める効果でシワの改善効果が期待できる施術です。主に、額や眉間、目尻等の表情ジワに効果的で、FGF注入との併用で高い効果が実感していただけます。

ドクターによる解説

ベル美容外科クリニック常勤治療責任者 飯塚 雄久

医療分野の成分を美容に

FGFは”正式名称を塩基性線維芽細胞増殖因子bFGF(basic fibroblast growth factor)”と言い、元々人の細胞から作られる蛋白です。シワを改善したいという患者様から、「FGFってなんですか?」と聞かれることがあります。FGFとは、もともと一般の医療現場で使用されていました。主に、火傷や傷跡など、組織の欠損部分を修復するための治療として利用されていましたが、加齢によるシワもこういった欠損と同じものとして捉え、美容医療での活用が広がりました。

深いシワにはFGF注入がオススメ

当院では、深いシワの治療にはFGFが最適だと考えております。他院では、シワの改善にヒアルロン酸やPRP治療を行っている場合が多いです。しかし、一般的なPRP治療(自己多血小板血漿注入)は、基本的に表皮の増殖因子で、深い部分(真皮)への作用はFGFの役割とされています。そのため、当院でのシワ改善にはFGF注入をお勧めしております。

FGF注入は施術数の多い医師に

FGFでのシワ改善には、非常に技術が必要な施術で、症例数の少ない医師が注入を行うと膨らみすぎてしまうリスクがあります。しかし、このリスクは注入する医師の知識や経験、技術力で大幅にリスクを下げることができます。当院では、これまでの施術を通じて十分な検証と経験の結果を踏まえて施術を行っております。
しかし、それでも1回目の施術はやや注入量を少なくして経過を見るようにしています。もちろん1回で効果を実感していただけるように施術を行いますが、リスクを最大限抑えるということは重要な判断だと考えております。

リスクと副作用

手術について

施術期間 1日
施術回数 1回の場合もあるが、3回以上の複数回になることが多い
施術時間 注射時間 約10〜15分
使用する麻酔 局所麻酔

術後について

抜糸 なし
圧迫 なし
食事制限 制限なし
飲酒 翌日から
お化粧 注入直後から
洗顔 制限なし
シャワー 制限なし
入浴 翌日から
マッサージ 注入後1ヶ月は、注入部位のマッサージを避ける
その他の注意事項 ●同一部位に複数回注入する場合は、前回注入から2ヶ月以上期間を空ける。●目の下などの皮膚の薄い部位は、自己組織の増殖度合いによって凹凸が出る場合がある。

ダウンタイムや副作用(※個人差があります)

痛み 注入時の痛みはあるが、注入後も続く痛みはほとんどなし。
腫れ 注入による一時的な腫れはあるが、施術から約2~3日で落ち着く。
内出血 内出血が出現した場合、約1~2週間程度で治る。
赤み 注入直後に出現し、当日~翌日には消失する。

料金表

ベル美容外科クリニックでは、現金・デビッドカード・各種クレジットカードでのお支払いが可能です。
分割払いをご希望される方には、医療ローンもご用意しておりますのでお気軽にご相談ください。

施術部位 価格(税込)
眉間 ¥75,600
目尻 ¥75,600
上口唇の縦皺 ¥75,600
¥108,000
口の下のシワ ¥75,600
上眼瞼 ¥86,400
マリオネットライン ¥97,200
ゴルゴライン ¥97,200
ほうれい線 ¥97,200
目の下 ¥97,200
額のくぼみ ¥97,200 ~ ¥129,600
額のシワ ¥75,600 ~ ¥97,200
こめかみ ¥97,200 ~ ¥129,600
頬のくぼみ ¥97,200 ~ ¥129,600
¥97,200 ~ ¥129,600
手の甲 ¥216,000
にきび跡・クレーター 1箇所 ¥6,480
目の下へのFGF注入 + 下眼瞼脱脂 ¥364,800
PAGE TOP