言語を選択してください

  • 日本語
  • 中文
若返り

(アンチエイジング)

身体
発毛外来
その他

目の下のしわを放置すると大変!その対処法とは?

年齢を重ねていくにつれて、気になるのは顔のしわやたるみです。特に目の下のたるみは顔の印象を大きく変えますし、またしわやたるみがあることによって実年齢よりも大幅に年を取っているように見えてしまうこともあるのです。そんな気になる目の下のしわについて、どのような対処法を取ればよいのでしょうか?

☆目の印象だけで老けて見えてしまう

目の下のしわにお悩み? 私たちが人の顔を見るとき、何となく顔の印象でその方の年齢を推測します。そのときに特に注目するのが目元です。ここにしわやたるみがなく,ピンとハリのあるお肌なら若々しく見えますし、逆にハリのない状態の目元には年齢を感じてしまいます。もしそんなに年齢を重ねていなくても、目の周りの肌にトラブルがあると場合によっては5歳や10歳以上老けて見られることもあるのです。ある調査では、目の下のしわの悩みはなんと30%以上もあり、ほうれい線、目尻のしわについで多いのです。目は顔の中でも動きが激しく、また皮膚も薄いため老化が早い部分です。いろいろとエイジング美容液などを試してみても改善しないこともあり、一筋縄ではいかない部分でもあります。

☆放置していると目袋の原因にも

Menoshita_Wrinkle1_2 老け顔に見られがちな方の肌の特徴の1つに、目の下にできた大きな目袋が挙げられます。目袋は、ハリのある涙袋とは違って目の下に大きく垂れ下がったたるみを指します。これができると、顔全体がたるんだように見えてしまって老け顔をさらに加速させてしまうのです。 目袋ができてしまう原因は、加齢によって肌や目の周りの眼輪筋の衰えで肌を引き上げられなくなることや、それによって目の奥にある眼窩脂肪が突出してしまうことにあります。目の下のしわやたるみを放置していると、それがやがて目袋にまで発展してしまうことにもなりかねないのです。

☆目袋に発展する前に早めのFGF治療がおすすめ

Menoshita_Wrinkle1_3 目の下のしわやたるみが軽度であれば、FGF(線維芽細胞増殖因子)と呼ばれる成分を注入することで治療が可能です。FGFとは、肌を形成するタンパク質であり、もともと体に存在する成分です。これをしわやたるみに注入することで皮膚組織を再生することができ、表皮細胞を始め、肌のハリを保つコラーゲンの生成も促されるなど、皮膚を形成する細胞を生き返らせ、しわやたるみを軽くすることができるのです。 目の下のしわやたるみを放置して目袋にまで発展すると、オペが必要となってきます。そのため、気になり始めた時に、早めにFGF治療を受けることで肌の老化を食い止めることにつながるのです。

無料お問い合わせ

お電話かメールでカウンセリングのご予約やご相談、資料請求などができます。
お電話の際は、「ウェブサイトを見た」と言うとスムーズに進みます。

目の下のしわ|アイクリームを多用してもなかなか思うように効果が出ない方必見!目の下のしわでお悩みの方は実に30%以上いるという調査があります。弊院ではその悩みを解説しつつ、その人にあった適切な処置をご提案しています。百聞は一件にしかず。是非御覧ください。