FGF注入でしこりが? 原因と対処法について

こんにちは、ベルクリニックでございます。
最近顔に注入したFGFによりできた『しこり』について修正が可能なのかというご相談が寄せられているので、今回は原因と対処法についてご紹介いたします。

FGFとは?その効果とは?

FGFとは線維芽細胞増殖因子と呼ばれる人体で作られるタンパク質の一種で、気になるシワや、くぼみに注入することで線維芽細胞を増殖させ、皮膚組織の再生を行います。
これは本来、私たちが持っている創傷治癒の力に着目した最も新しい再生治療です。

このFGFを注入することで、ほうれい線や、目元のシワ、くぼみの改善はもちろん、額、こめかみ等の立体的なふくらみへも劇的な効果が期待できます。

最近ではグロスファクターメソスキンやPRP(多血小板血漿)などが、多くの美容クリニックでおこなわれていますが、当院のFGF注入は、それらの美容法とは違い、線維芽細胞そのものを増殖させ、組織再生を行うしわ、くぼみに特化したアンチエイジングです。

なぜFGFを注入するの??

弾力やハリを保つ真皮層の約70%がコラーゲンです。 そして このコラーゲンを生産しているのが線維芽細胞で、ヒアルロン酸やエラスチンなども線維芽細胞が重要な役割を担っています。
しかし、この線維芽細胞が減少すると、肌は弾力を失いシワやたるみを引き起こします。また古いコラーゲンは、新陳代謝を悪化させ、更に肌の老化を招くという悪循環に陥るのです。

衰えた線維芽細胞は、いくらサプリメントでコラーゲンを摂取しても、細胞内に取り込むことはできません。
つまり、肌老化とは『線維芽細胞の老化』が原因です。
そして肌老化の最大の原因である『線維芽細胞を再生』にFGF注入をすることで肌は若返るのです。

FGFとしこり

ここからが皆さんが気になっているFGFを注入後にしこりができてしまって悩んでいる方多いかと思います。
FGF注入後にできてしまったしこりは体に悪いものではありません。
一部分に多くコラーゲンが多くつくられることでその部分がしこりとなってしまします。

顔にFGF注入を行う施術は熟練のドクターでないと難しいと言われています。
しこりができてしまったり、逆に注入量が少なく効果が出ないこともあります。
ベル美容外科クリニックのドクターは日本でも指折りのドクターのためご安心下さい。

FGF注入によりできた、しこりの対処法

そこで当院でおすすめしているしこりをなくす治療法をご紹介いたします。
しこりになってしまった箇所にケナコルトという注射を打つことで、ケナコルトは細胞の増殖を抑えて膨らみが軽減される注射です。
ケナコルトは、強いお薬になるので1回に少量づつ慎重に注入していかなければなりませんので、回数はかかりますが、1回で改善される方もいます。

※回数には個人差がございます。

FGF注入後のしこりに悩まれている方、ぜひお問い合わせお待ちしていります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です