FGFのデメリットとは?失敗リスク・危険な副作用について

こんにちは、ベル美容外科クリニックでございます。
前回に引き続きFGFのお話です。
今回はFGFのデメリットを詳しく解説します。
また、FGFによるトラブルをどうしたら回避できるかをあわせてご説明致します。

FGFのデメリット・リスク

デメリットとしましては、効果がでるまでに2週間~1ヵ月程度かかります。
また、処置によっては大きな個人差がでてしまう治療法です。
患部が必要以上に盛り上がりすぎてしまう、しこりになってしまうなどの失敗も少なからずあるため、事前に信頼できるドクターに相談することが大切です。
患者さまの体質やドクターの腕にも左右される非常にデリケートな施術です。
その為、経験が多く上手なドクターを選び、アフターフォローをしっかり行ってくれるクリニックを選ぶことが重要です。

FGFの痛み・ダウンタイム

注入時は注射を利用するため、その痛みがあります。
FGFの薬剤の中に麻酔薬も入っているので、他院に比べると比較的痛みは感じにくいかと思います。

通常は数時間の腫れや赤みなどが出る程度の軽いダウンタイムになります。
しかし注入部位によっては、内出血などが出てしまうこともあります。内出血が出やすい箇所は、特に目周りと言われております。

FGFの内出血

内出血が出た場合は個人差はありますが、2週間~10日程度で消失します。
内出血は血液循環が悪くなり内出血が出来てしまうものなので、術後から1週間経ちましたら患部をホットタオルなどで温めていただいたり
半身浴を長めにしていただくと血液循環がよくなるので内出血の治りが早いと言われております。

ベル美容外科クリニックのFGF

FGFは症例数や技術がないドクターから処置を受けると膨らみすぎてしまう恐れがあります。
当院ではFGFの症例数は数万件を超えています。ドクターの技術がいい!と多くのお客様から信頼されております。
FGF注入が上手なドクターは毎週火曜日・金曜日・土曜日にいらっしゃいます。お気軽にお問い合わせくださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です