フェイスライン・横顔を決める”Eライン”

日本人は骨格的にアゴが短いことが多く、横顔のバランスだけではなく前から見た際ものっぺりした印象を与えてしまいます。顎は美しいフェイスラインにとって、とても重要なパーツです。一般的に理想のフェイスラインは、横から見た際、鼻先と唇、顎を結ぶ線が直線でつながる“エステティックライン(E-line)”とされています。

治療について
顎プロテーゼ挿入法 ヒアルロン酸注入法 顎形成の料金表

顎形成(プロテーゼ挿入法)

施術方法

歯茎の下(内側)を切開し、下顎に沿って骨膜下にスペースを作ります。
剥離した骨膜下のスペースに人工軟骨(プロテーゼ)を挿入します。
粘膜下組織を吸収糸(溶ける糸)で縫合し、粘膜も吸収糸で縫合し、手術終了です。

特徴

  • 内側を切開するため、外側に傷が残らない
  • 吸収糸で縫合するため、抜糸が不要

こんな方にオススメ

顎が小さい
顎を前方向に出したい
顎へのヒアルロン酸注入を繰り返している
長期間持続する効果を希望している

手術について

施術期間 1日
施術回数 1回
施術時間 約60分
使用する麻酔 局所麻酔 ※静脈麻酔を併用する場合がございます。

術後について

抜糸 なし
固定 テーピング固定3日間
食事 制限なし
飲酒 1週間後から
お化粧 制限なし
洗顔 当日から ※固定のテープと創部が濡れないようにする
シャワー 制限無し
入浴 1週間後から
洗髪 当日から ※固定のテープと創部が濡れないようにする
ヘアカラー 制限無し
マッサージ 1ヶ月後から
コンタクトレンズ 制限無し
その他の注意事項 術後1ヶ月ははあまり顎に負担がかからないよう注意する。(頬杖など)

ダウンタイムや副作用

痛み 2日間程度
腫れ 約1週間
内出血 約1週間
赤み ほとんどなし

顎形成(ヒアルロン酸注入法)

施術方法

専用のヒアルロン酸(クレヴィエルコントア)を注入し、一時的に顎に高さを出す施術です。

特徴

  • 異物を挿入しないため、比較的リスクが低い
  • 一定期間で体内に吸収される

こんな方にオススメ

顎が小さい
顎を前方向に出したい

手術について

施術期間 1日
施術回数 1回
施術時間 約10〜15分
使用する麻酔 場合によっては、局所麻酔を使用

術後について

抜糸 なし
固定 なし
飲酒 翌日から
お化粧 施術直後から
洗顔 制限なし
入浴 翌日から
マッサージ 1ヶ月後から
その他の注意事項 稀に、注射部位の凸凹が生じる場合がありますが、時間の経過と共に改善していきます。

ダウンタイムや副作用

痛み ほとんどなし
腫れ ほとんどなし
内出血 稀に出るが、1〜2週間で治る
赤み 当日〜翌日には引く

料金表

施術名 価格(税込)
顎プロテーゼ挿入法 ¥324,000
顎ヒアルロン酸注入法(クレヴィエルコントア)1本 ¥108,000

医師による解説

理想的なあごの形は、顔を横から見た時に鼻先からあごを結んだラインが“エステティックライン(E-line)”になっていることです。
鼻先とあご先のラインが直線に近づくほど、顔がシャープな印象になります。あごの形成をする際にはこの形をベースとして考えて手術を行います。
あごの形成方法としては、一時的に顎に高さを出すヒアルロン酸注入と、長期間効果が持続するプロテーゼ挿入があります。
ヒアルロン酸は注射で直接あご部分に注入するので、大掛かりな手術は必要ありません。
プロテーゼ挿入は、口の中を切開し、あご部分にプロテーゼを挿入するので、手術が必要になりますが、顎へヒアルロン酸注入を繰り返している方にはおススメです。
それぞれ形成方法や、効果に違いがあるので、自分に合った方法で行うことが大切です。
ベル美容外科クリニック顧問医 飯塚雄久

常勤治療責任者:飯塚 雄久 / 医学博士

  • 日本形成外科学会認定専門医
  • 日本美容外科学会 会員
  • 東京慈恵会医科大学形成外科講師

医師紹介ページへ

あごの形成TOPへ

あごの形成に関するご相談は、渋谷の美容整形、ベル美容外科クリニックへ。アンチエイジング、ほうれい線、しわ、シミなどさまざまなお悩みのご相談も承っております。安心・安全を第一に、ご納得いただいてから治療が行えるよう、無料オンラインカウンセリングも行っておりますので、お気軽にご相談ください。

PAGE TOP