目の上のたるみを解消して若々しいすっきりとした目元に

目周りのシワやたるみは老けた印象を与えてしまうことが多く、まぶたが少し変化するだけでお顔の印象がとても変わります。
お悩みの症状が軽度の場合は、二重手術等により改善できる場合もありますが、ある程度の加齢によるシワやたるみは、シワ取りやたるみ取りの手術が有効的です。
これらのシワやたるみができる原因は、皮膚・筋肉・脂肪などさまざま要因があり、原因やまぶたの状態によって手術方法が異なります。
手術では、まぶたと共にたるんだ皮膚と筋肉を取り除くことが可能です。また、眼窩脂肪(目の下の膨らみ)が気になる方は、同時に下眼瞼脱脂下眼瞼脱脂(ハムラ法)の施術がオススメです。

上まぶたのたるみの種類と原因

目の下のふくらみイメージ加齢による皮膚のたるみ
老化などの影響で、目の周りの筋肉が衰えることで、上まぶたの皮膚伸びてしまうことでたるみが生じます。
おススメの施術
上眼瞼たるみ取り
眉毛下切開
目の下のくぼみイメージまぶたを引き上げる筋力の低下
眼瞼下垂とは、上まぶたを引き上げる筋肉(眼瞼挙筋)の力が衰え、眼が開きにくくなっている状態を指します。
おススメの施術
眼瞼下垂

上まぶたのたるみ・脂肪取りに関する施術一覧

当院では、上まぶたのたるみを改善させる施術を複数ご用意しております。

上眼瞼たるみ取り

上眼瞼たるみ取り 上眼瞼たるみ取りは、目の上のたるんだ皮膚を、二重のラインに沿って切除し、皮膚の傷が目立たないよう縫合する施術です。余分な脂肪がある場合は、同時に脱脂を行うことが可能です。※脱脂の追加費用はかかりません。

眉毛下切開

眉毛下切開 眉毛下切開は、目の上のたるんだ皮膚を、眉毛の下のラインに沿って切除し、皮膚の傷が目立たないように縫合する施術です。余分な脂肪がある場合は、同時に脱脂を施術することが可能です。※脱脂の追加費用はかかりません。

眼瞼下垂

眼瞼下垂 眼瞼下垂は、上まぶたを引き上げる筋肉(眼瞼挙筋)の力が衰え、眼が開きにくくなっている状態を指します。当院では、眼瞼挙筋を縫縮する「眼瞼挙筋短縮術」や挙筋腱膜と瞼板を固定する「挙筋腱膜前転術」による治療を、患者様の症状に合わせて施術しております。

施術の比較

適応症状 メリット デメリット
上眼瞼たるみ取り

余剰な皮膚の切除、脱脂

脂肪のふくらみ
皮膚のたるみ

たるみ取りだけではなく、二重形成を同時に施術できる

元々一重の方や、二重の幅を変えたくない方には向いていない

眉毛下切開

余剰な皮膚の切除、脱脂

脂肪のふくらみ
皮膚のたるみ

まぶたの厚みを軽減できる
術後の腫れが少なく、回復が早い

眉毛と目の距離が近い方には向いていない

眼瞼下垂

余剰な皮膚の切除、眼瞼挙筋の吊り上げ

まぶたの筋力低下
脂肪のふくらみ
皮膚のたるみ

重度の下垂が治療できる
眼を開けやすくなる

抜糸が必要(約1週間後)
内出血(~2週間)、腫れ(~2週間)が出る

料金表

施術名 価格(税込)
上眼瞼たるみ取り(脱脂含む) ¥378,000
眉毛下切開(脱脂含む) ¥378,000
眼瞼下垂 ¥648,000

医師による解説

当院の上まぶたのたるみ・脂肪とりの施術は3種類あります。
1つ目は、二重のラインに沿って、目の上のたるんだ皮膚を切除する上眼瞼たるみ取り。
2つ目は、眉毛の下のラインに沿って、目の上のたるんだ皮膚を切除する眉毛下切開。
共に、余分な脂肪がある場合は、追加費用なしで、同時に脱脂を行うことが可能です。
3つ目は、上まぶたを引き上げる筋肉の力が衰え、眼が開きにくくなってしまう眼瞼下垂の治療です。
腫れぼったい眼や、眠たそうに見える目もすっきりし、大きく印象を変えることが期待できます。
カウンセリング時に患者様の症状をお伺いし、最適な治療をご提案いたします。
ベル美容外科クリニック顧問医 飯塚雄久

常勤治療責任者:飯塚 雄久 / 医学博士

  • 日本形成外科学会認定専門医
  • 日本美容外科学会 会員
  • 東京慈恵会医科大学形成外科講師

医師紹介ページへ

上まぶたのたるみ・脂肪とりTOPへ

上まぶたのたるみ・脂肪とりに関するご相談は、渋谷の美容整形、ベル美容外科クリニックへ。アンチエイジング、ほうれい線、しわ、シミなどさまざまなお悩みのご相談も承っております。安心・安全を第一に、ご納得いただいてから治療が行えるよう、無料オンラインカウンセリングも行っておりますので、お気軽にご相談ください。

PAGE TOP