言語を選択してください

  • 日本語
  • 中文
若返り

(アンチエイジング)

身体
発毛外来
その他

ボトックスの症例写真

ボトックス注射について
ボトックス注射とは 症例写真 体験記

症例4 目尻のしわ対策

ボトックスの症例写真(目尻のしわ対策)

この患者様は目尻のシワを気にしていました。特に笑った時のシワが気になったということでしたので、ベル美容外科クリニックでは目尻のボトックス注射を薦めました。

FGF注入も効果はありますが、特に笑っている状態はシワがよってしまうこともあり、また予算的な面も気にされていましたので、筋肉を麻痺させるボトックス注射が最適だと判断しました。

ボトックス注射とはボツリヌス毒素を注射することで、筋肉を麻痺させる施術です。

施術時間:5分~10分程度

効果:すぐに現れます

持続期間:3ヶ月~半年程度

目尻のシワは特に筋肉の運動によるものが強いので、ボトックスを注射すると笑っていても目尻があまり動かかなくなります。しかし、効果が切れてくると少しずつ目立ちますし、筋肉を動かさない(=笑わない)ことは非現実的ですので、実際は定期的に打ち続ける必要が出てくるかと思います。

ボトックス注射の詳細ページへ

根本的にシワを改善したい方は、FGF注入をおすすめすることもございます。

症例3 小顔・エラ改善

ボトックスの症例写真(小顔・エラ改善)

この患者様はエラが張っていることを気にしていました。そこで、ベル美容外科クリニックではボトックス注射を薦めました。

ボトックス注射はボツリヌス毒素を筋肉に注射していく事により、筋肉を麻痺させる施術です。

施術時間は5分~10分程度と非常に短く、効果はすぐに現れてきます。

また、3ヶ月~半年程持続力があります。

エラの原因は食事などで強くかむことから、筋肉が発達してしまいエラが張る原因につながります。ボトックスはその筋肉を麻痺させるので効果が効いているときは、噛む力が入りづらくなるとの声をよく頂きます。それでも、硬いものが食べられなくなるわけではありません。

また個人差はありますが、ボトックスを打ち続けることによりエラの筋肉の麻痺状態が続きますので、更にあまり固いものを食べなければ、徐々にエラの筋肉が萎縮していきますので、打ち続ける必要は出なくなります。

エラが張っていて、小顔になりたい方は是非気軽に試してみてはいかがでしょうか。

症例2 眉間のしわ

ボトックスの症例写真(眉間のしわ)

このお客様は眉間にしわがよってしまうことを悩んでいました。

眉間にしわがよるということが日常生活ではよくあることだと思いますが、それが多いとそのまましわが定着してしまいます。

しわが眉間にできていると、厳しい人という印象を受けることが多く、気にされる方もかなり多いようです。

そこで筋肉を麻痺させることにより、Afterの写真のようにしわを寄せたくても出来ない状態にするのがボトックス注射の特徴です。

施術時間は5分~10分程度

効果はすぐに現れます。

持続期間は3ヶ月~半年程ですが、頻繁に打つと身体の薬に対する耐性がつくことがあります。一方では長い期間打ち続けることにより、眉間の筋肉をあまり動かなくさせる習慣がつくこともございます。その後は、ボトックス注射をしなくても済むようになります。

眉間にしわがよりやすい人、眉間のしわが気になる方は是非ボトックス注射を試してみ下さい。

症例1 額のしわ

ボトックスの症例写真(額のしわ)

ボトックス注射で表情ジワのできやすい額・眉間・目尻のシワが改善され、エラもすっきりしてシャープになりました。ボトックス注射は筋肉の収縮を弱めるため、いつもの表情ジワも簡単に改善できます。エラの場合はフェースラインがすっきりするので小顔効果もあります。

無料お問い合わせ

お電話かメールでカウンセリングのご予約やご相談、資料請求などができます。
お電話の際は、「ウェブサイトを見た」と言うとスムーズに進みます。

ベル美容外科で行っているボトックスの症例写真の一部を紹介しています。ネットで公開できるものは一部であり、院内にはより多くの症例写真をご用意しています。