言語を選択してください

  • 日本語
  • 中文
若返り

(アンチエイジング)

身体
発毛外来
その他

水光注射 旧モデル(バイタル インジェクター)

suiko-01

水光注射(バイタルインジェクター)の特徴

水光注射(バイタルインジェクター)の特徴 ①:面状で広域にスピーディな施術が可能に

水光注射(バイタルインジェクター)が表皮に注入しているイメージ

極細の針が5本付いている注射器を使用することにより、施術時間が大幅に短縮され、均一に注入が可能になりました。
均一に注入とは針の長さ、注入量、皮膚吸引圧、吸引タイミングを設定して一度に均一なスピードでスタンプのような注射のことです。
手で打つ注射と比較して劇的に正確さとスピードがアップしました。

水光注射(バイタルインジェクター)の特徴 ②:精密なコントロール

suiko-img04

従来の手打ちによる注射方法は、注入速度や圧力が一定でなく、注入量を均一に保てなかったり、術後の皮膚が凸凹したり、プツプツに腫れた状態になるなどの問題点がありました。
これらの問題点を水光注射(バイタルインジェクター)は独自のシステムで、針の長さ、注入量、皮膚吸引圧吸引タイミングを精密にコントロールすることで大幅に改善しました。
この精密さにで、設定通りに均一の深さに薬剤を皮膚の浅い層にまんべんなく届けることで有効成分の効果をより引き出すことが可能になりました。

水光注射(バイタルインジェクター)の特徴 ③:痛みや内出血の軽減

suiko-img05

皮膚を内側から吸引しながら注入を行うため痛みはほとんどありません。
針の長さが 0.6mmと非常に短いため痛みは大幅に軽減し、術後の内出血も少ないです。
どうしても、痛みが気になる方は麻酔クリームを塗ることでほとんど痛みを感じずに施術を終わることができます。

水光注射(バイタルインジェクター)の施術概要

従来行われてきた美肌治療の注射は、注射器で薬剤を浅く打つナパージュ法(手打ち)が主な方法でしたが、「注入量を均一に保てない」「注入速度や圧力が一定せず痛みが強い」「膨疹(プツプツに腫れた状態)になる」「内出血が長引く」という問題がありました。
しかし、今年に入り日本で自動注射器が普及し始め、従来の手打ちの欠点が一新されました。

自動注射器を使用した場合、注入量と深さを患者様に合わせて調節することが可能なため、薬剤を均一に狙ったエリアに注入することができます。また、1回のショットで5針から一気に注入できるため施術時間が大幅に短縮されました。
更に、皮膚を吸引しながら密着して注射できるので、痛みも大幅に緩和されています。

持続性 効果を維持するために、初回は2週間おきに2~3回の施術で肌のベースを作り、その後は3ヵ月~半年でも良い状態を維持出来ます。この施術は注入を重ねるごとに持ちが良くなります。
手術時間 麻酔クリーム約30分程度+施術時間20分+再生マスクパック10分。
術後のダウンタイム 赤みは30~40分ほどです。メイクは、2時間後より可能です。
麻酔 ご希望の方には麻酔クリームをご利用いただけます。(別途5,400)
料金 非架橋ヒアルロン酸+ボトックス+StemC'rumSR1回 + 鎮静時再生マスク \75,600~

無料お問い合わせ

お電話かメールでカウンセリングのご予約やご相談、資料請求などができます。
お電話の際は、「ウェブサイトを見た」と言うとスムーズに進みます。

水光注射 旧モデル(バイタル インジェクター)|水光注射は自動注射器を使用してお肌の浅い層に有効成分を均一に注射する施術です。今までの手打ちと比べ、均一にそしてはるかにスピーディーに施術出来るようになりました。本ページでは水光注射の特徴や効果をわかりやすく説明しています。是非ご覧ください。