すっきりとした目頭でオトナな印象に

蒙古ひだ目頭切開とは、アジア人特有の目頭から上まぶたにかけて覆っている皮膚(蒙古ひだ)を切開し、横幅を広げる事によってスッキリとした印象に近づける施術です。
また、一重・奥二重の方で平行な二重を希望される方には、二重埋没法や二重切開法と組み合わせての施術をオススメしております。
患者様のお悩みや顔のバランスに合わせ、切開する幅や角度をデザインいたしますので、安心して施術を受けていただくことができます。

こんなお悩みをお持ちの方に

目と目の間が広い(目が離れている)
目が小さい
平行型の二重を希望している

施術方法

目頭切開の施術方法 当院で行う目頭切開術は、Z型形成(Z-plasty法)を基本として施術を行います。
Z型形成とは、蒙古(もうこ)ひだをZ型に切開し、立体的にずらして皮膚を入れ替え、目頭を露出させる方法です。
個人差がありますが、引きつれが少なく、傷が目立ちにくいことが特徴です。

リスクと副作用

手術について

施術期間 1日
施術回数 2回 ※切開後に縫合を行い、抜糸の必要があります。
施術時間 約60分
使用する麻酔 点眼麻酔、局所麻酔

術後について

抜糸 あり
通常、施術の1週間後に抜糸を行うために来院していただきます。
飲酒 1週間後から
お化粧 翌日から(アイメイクは翌々日から)
洗顔 翌日から
シャワー 翌日から
入浴 1週間後から
洗髪 翌日から
マッサージ 痛くなければ可能
コンタクトレンズ 患者様の状態によってドクターの指示が異なる

ダウンタイムや副作用

痛み 約2日程度、痛みが生じます。
腫れ 約1週間で徐々に治ります。
内出血 約1週間程度で解消していきます。
赤み 約1週間は赤みが生じます。

料金表

目頭切開 価格(税込)
目頭切開 ¥270,000

医師による解説

多くの日本人の目頭には、蒙古ひだと呼ばれるひだがあります。目が小さく見えたり、両目が離れて見えるなどのアンバランスが生じることもあり、その蒙古ひだを切開することを目頭切開と称しております。
目頭切開は、皮膚の切除をしませんので、縫合した部分への負担が少しで済みますが、通常、施術1週間後に抜糸が必要になります。目頭切開をすると、目と目の間が狭くなって均整がとれる、少し大きな切れ長の目になる、などの効果が期待できます。
ベル美容外科クリニック顧問医 飯塚雄久

常勤治療責任者:飯塚 雄久 / 医学博士

  • 日本形成外科学会認定専門医
  • 日本美容外科学会 会員
  • 東京慈恵会医科大学形成外科講師

医師紹介ページへ

目頭切開TOPへ

目頭切開に関するご相談は、渋谷の美容整形、ベル美容外科クリニックへ。アンチエイジング、ほうれい線、しわ、シミなどさまざまなお悩みのご相談も承っております。安心・安全を第一に、ご納得いただいてから治療が行えるよう、無料オンラインカウンセリングも行っておりますので、お気軽にご相談ください。

PAGE TOP