脂肪細胞を“小さく×分解”でリバウンドを防ぐ

脂肪溶解注射とは皮下脂肪に脂肪溶解の成分を注入することにより、脂肪細胞そのものを減少させる施術です。
運動や食事制限だけでは中々落とすことのできない気になる脂肪の改善が期待でき、メスや吸引管も使用しない為、自然な仕上がりでシャープなラインへと近づくことができます。
当院には、脂肪溶解注射が2種類あります。
Slim S(スリムS)は従来の脂肪溶解注射の脂肪細胞のサイズを小さくする効果だけではありません。
さらに、脂肪細胞自体を分解し消滅させるため、リバウンドを永久的に防ぐ効果が期待できます。
注射後は1週間程度で脂肪壁が溶け出し、血中に吸収された脂肪細胞は、血液を経て、便や汗など老廃物とともに体外へと排出されます。
また、脂肪溶解注射(HUTHERA F)もございますので併せてご覧ください。
HUTHERA Fはダウンタイムが少ないことから、特にお顔の脂肪溶解注射として人気な施術です。

こんなお悩みをお持ちの方に

オペには抵抗感があるが、痩せたい
セルライトにお悩み
痩せたと実感のある注射が良い
二重アゴが気になる

施術について
Slim Sについて 適応部位と本数の目安
リスクと副作用 料金表
医師による解説

Slim Sについて

Slim Sとは

Slim Sは脂肪溶解、分解の高い効果があります。Slim Sの主成分であるデオキシコール酸は、元々体に存在するもので、脂肪細胞を破壊し痩身効果をもたらします。
一度破壊されると、その脂肪が再度脂肪を溜め込むことはできなくなり、リバウンド現象が起こらないという永久的な作用が見込めます。

Slim Sの配合成分

デオキシコール酸 脂肪細胞の破壊、脂肪細胞の縮小
L-カルニチン 脂肪代謝・分解の促進
チオクト酸 強力な抗酸化作用
アーチチョーク芽エキス 循環系の向上、脂肪消化・老廃物排出の促進
マンヌロン酸メチルシラノール 中性脂肪分解の促進
アルギニン 基礎代謝向上、筋肉量の増加

適応部位と使用本数の目安

適応部位 使用本数の目安
1本
2本
全身 3本まで
※初回 2本まで

※個人差により使用本数が異なる場合があります。

脂肪溶解注射(Slim S)の施術の流れ

患者様が安心してご来院いただけるよう、当院のご予約からアフターケアまでの施術の流れをご紹介いたします。

1.ご予約・ご来院

当院は完全予約制です。
ご来院される前にお電話にてご予約ください。
<ご予約・お問い合わせ>
03-6455-3220
受付時間 11:00〜19:00
休診日 日曜日

2.カウンセリング・診察

専門のカウンセラーによる、施術についての具体的なプランや施術料金、お支払い方法、ダウンタイム等のご説明をいたします。また、診察は経験豊富なドクターが分かりやすく丁寧にご説明いたします。
お悩みやご希望をできるだけ詳しく、ご不明点やご不安なことなどもお気軽にご相談ください。カウンセリングの内容でご納得いただきましたら、施術のお手続きとお支払いをしていただきます。

3.施術

洗顔と患者着にお着替えをしていただきます。また、施術前の写真撮影や施術箇所のマーキング等の準備を行います。
※撮影したお写真は、カルテに保存する以外の用途では使用いたしません。(モニター契約での施術を除く。)
施術は清潔なオペ室で行います。施術中は患者様の体調を優先し、安全に配慮し施術を行いますのでご気分が悪くなったり、ご不安になったときは、すぐにお声掛けください。

4.施術後・アフターケア

施術終了後は、すぐにご帰宅いただけます。パウダールームをご用意いたしておりますので、お化粧直しなどにご利用ください。
(顔への施術をおこなった場合、2時間あけてからお化粧可能)施術後の経過でご不安なことやご質問等ございましたら、お気軽にご相談ください。

リスクと副作用

手術について

施術期間 1日
施術回数 1回
施術時間 注射時間 約10~15分
使用する麻酔 局所麻酔

術後について

抜糸 なし
入院 必要なし
食事制限 制限なし
飲酒 翌日から
お化粧 顔に注入した場合は、施術の2時間後から
洗顔 制限なし
シャワー 制限なし
入浴 翌日から
洗髪 制限なし
運動 当日は激しい運動を控えてください
マッサージ 施術後48時間経過後から
その他の注意事項 同部位への施術は、3~4週間に1度を4~6回程度(最大6回まで可能)です。
別部位の場合は3日間空けて施術可能です。
顔への注射では稀に、表情筋が弱まったり、飲み込みづらくなる場合がありますが、3日程度で自然と回復します。
注入部位がしこりのように固くなることがありますが、時間の経過とともに柔らかくなっていきます。
注入部の熱感や痛み、腫れ、赤みが増し続けたり長引くと、感染が疑われます。
また、感染が起きた場合は抗生剤の投与を行います。

ダウンタイムや副作用 ※個人差があります

痛み 約2〜3日程度
腫れ 約1〜2週間程度
内出血 約1〜2週間程度
赤み 約2〜3日程度
痒み 約2〜3日程度

未承認機器・医薬品に関する注意事項について
本治療は国内未承認医薬品または医療機器を用いて施術をおこないます。当院医師の判断の元、個人輸入により入手したものです。個人輸入に関する厚生労働省の案内はこちらをご参照ください。

料金表

使用本数 価格(税込)
お試し1本 ¥33,000
1本 ¥44,000
4本セット ¥132,000
8本セット ¥220,000

このページの監修医師による解説

脂肪溶解注射は、一般にメソセラピーとも呼ばれる治療法のことです。
皮下の脂肪組織に薬液を注入することで、脂肪細胞が溶解し、便や汗などの老廃物とともに体外へ排出されることで痩身効果が期待できる施術です。
脂肪溶解注射の最大のメリットは、何と言ってもメスを使用しないことにあると言えます。
そのため、患者様が気になる脂肪のついた様々な部位に施術をすることができます。
Slim Sの場合は、FDA承認薬剤であるデオキシコール酸が成分に含まれており、脂肪細胞を破壊し完全に脂肪細胞が消滅する為、リバウンドを防ぐ効果の高いダイエットをお考えの方にオススメの施術です。
ベル美容外科クリニック顧問医 飯塚雄久

院長:飯塚 雄久 / 医学博士

学歴 / 職歴
  • 昭和62年東京慈恵会医科大学卒業
  • 昭和62年東京慈恵会医科大学形成外科入局
  • 平成9年神奈川県厚木病院形成外科責任医長
  • 平成13年高須クリニック勤務
  • 平成19年ベル美容外科クリニック顧問医就任
  • 令和3年ベル美容外科クリニック院長就任
資格 / 所属
論文

医師紹介ページへ

脂肪溶解注射TOP(Slim S)へ

脂肪溶解注射(Slim S)についてこちらも併せてご覧ください
脂肪溶解注射(Slim S)のリスク・副作用・デメリット 脂肪溶解注射(Slim S)のよくある質問

脂肪溶解注射(Slim S)をご覧の皆様へ|ベル美容外科クリニック

脂肪溶解注射(Slim S)のご案内ページです。脂肪溶解注射(Slim S)とは、皮下の脂肪組織に脂肪溶解、分解させる効果のある成分を注入することで、痩身効果のある施術です。リバウンドを防ぐ効果があり、ダイエットをしている方に注目されています。ベル美容外科クリニックでは、エイジングケア、ほうれい線、しわ、シミなどさまざまなお悩みのご相談も承っております。安心・安全を第一に、ご納得いただいてから治療が行えるよう、カウンセリングも行っておりますので、お気軽にご相談ください。

関連記事
部分痩せしたいなら脂肪溶解注射がオススメ!

医療広告ガイドラインの遵守について

ベル美容外科クリニックは、2018年6月に改正・施行された医療広告ガイドラインを遵守しております。
また、当ページは医師免許を持つ、ベル美容外科クリニックの医師監修のもと掲載しています。
詳しくは、当院の「医療広告ガイドラインの運用や方針について」、「医師紹介ページ」をご覧ください。

施術一覧

ベル美容外科クリニックの休診日

2022年 12月
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2023年 1月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4

休診日