鼻翼縮小のリスク・副作用・デメリット

顔の中心にある鼻。鼻がきれいな人は顔全体が整って見えます。
鼻については様々なお悩みの声が存在します。その中でも鼻翼(=小鼻)の大きさの悩みが多くあげられます。
美容外科では『鼻翼縮小術』、『小鼻縮小術』と呼ばれ、鼻翼を小さくする美容整形があります。
鼻翼を小さくする場合、鼻を大きい印象にしている鼻翼の余分な部分をメスでカットをし、鼻を小さくする手術です。
しかし、形を変える鼻翼縮小術は、「小さくするだけだから」と単純な気持ちで手術を受けると後悔してしまうかもしれません。
そこで、鼻翼縮小にはどんなリスク・副作用・デメリットがあるか紹介していきます。

施術中のリスクや副作用

希望通りの形にならない

鼻翼縮小術が向いている方は、鼻の横幅が広く、笑うと鼻翼が広がる傾向のある方と言われています。
仕上がりのイメージは鼻の印象が小さくシャープになる、鼻の穴が小さくなるといった感覚です。
したがって『もっと鼻を高くしたい』『団子鼻を改善したい』『鷲鼻が気になる』などのお悩みを抱えている方は、別の鼻の施術が適している場合があります。
もしくは、鼻翼縮小術と併せて別の施術が必要となる可能性があります。

鼻をかめない

鼻は創部となりますので鼻をかむことや触ることが困難になります。
鼻炎や花粉症の方は注意が必要です。

鼻翼縮小のデメリット

【内側切除】変化を感じられない

手術直後の傷跡がわからないようにするために、鼻の穴の方からメスを入れてカットします。
そのため、切除部分が少なくなってしまうので外側切除に比べると鼻翼を小さくすることが難しくなります。
縫合部分が鼻の穴の内側になるので、縫合した跡が外見から分かりづらくなるのが特徴ですが、外側切除に比べて鼻翼を小さくすることができないのがデメリットと言えるでしょう。
そのため、せっかく手術を受けたのに「あまり変わらなかった」などと思う方も少なくないです。

【外側切除】傷跡

外側からメスをいれるため、抜糸するまで縫合した糸が外見から分かってしまいます。
抜糸をしたあとも傷跡は100%は消えません。
しかし、鼻翼は脂腺が多くあり、色素沈着しやすい場所のため傷跡の色と、元々ある鼻翼の色があっているので、傷跡はあまり目立ちません。
抜糸後はまだ傷跡も目立つ場合が多いですが、3か月程度かけて徐々になじみ、目立たなくなっていきます。
外側切除は鼻翼の外側からメスで切ることが可能なので、切除部分が大きいです。
その分鼻翼、(小鼻)を小さくすることができますが、傷跡は目立ちやすいです。

鼻翼縮小TOPへ

鼻翼縮小のリスク・副作用・デメリットをご覧の皆様へ|ベル美容外科クリニック

鼻翼縮小のリスク・副作用・デメリットご案内ページです。

鼻翼縮小術には2種類の施術方法があり、それぞれ小鼻の一部分を切除し小さくする施術です。お顔の中心であるお鼻をシャープな形にすることにより、バランスが良くなる効果が期待できます。鼻尖形成をプラスすることにより、さらに整ったお顔に近づきます。

ベル美容外科クリニックでは、アンチエイジング、ほうれい線、しわ、シミなどさまざまなお悩みのご相談も承っております。安心・安全を第一に、ご納得いただいてから治療が行えるよう、無料カウンセリングも行っておりますので、お気軽にご相談ください。


施術一覧

ベル美容外科クリニックの休診日

2019年 11月
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
2019年 12月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4

休診日