赤ちゃんのようなぷるぷる美肌に

コラーゲン注射で、シワの改善が期待できる施術です。皮膚の真皮層にコラーゲンを注入し、肌の再生能力を高め、シワの溝を膨らませることでシワを改善します。目の下など皮膚が薄くデリケートな部位の細かいシワには特に適している施術です。

こんなお悩みをお持ちの方に

目や口周りの細かいシワ
自然な仕上がりにこだわりたい
シワだけでなくお肌そのものを若返らせたい

ベビーコラーゲンについて

適応部位

  • 目周りの小ジワ
  • 口周りの小ジワ
  • 眉間
  • 法令線

コラーゲンの種類

人体を構成しているコラーゲンはいくつかに分類され、それぞれ異なる役割があります。

Ⅰ型コラーゲン 骨や皮膚を形成し、弾力性を持たせる働きがある
Ⅱ型コラーゲン 関節・軟骨に主に含まれている
Ⅲ型コラーゲン 肌が持つ弾力の元となる
Ⅳ型コラーゲン 皮膚の表皮と真皮をつなぎとめる役割を持ち、基底膜に存在する
Ⅴ型コラーゲン 主に血管、平滑筋、胎盤に含まれ、I型とⅢ型コラーゲンの含まれる組織に、極少量含まれている

赤ちゃんのお肌のがモチモチしている理由

赤ちゃんのお肌は、Ⅰ型コラーゲンとⅢ型コラーゲンの比率が50:50と言われています。
比率が50:50であることが赤ちゃんのお肌がすべすべでもちもちしている理由です。
年齢を重ねていくとⅢ型コラーゲンが減少し、徐々にお肌のハリが失われてしまいます。
Ⅲ型コラーゲンを増やすことがお肌のケアにとってとても重要です。
ベビーコラーゲンは、Ⅰ型コラーゲンとⅢ型コラーゲンが赤ちゃんの肌と同じでヒト由来なため非常に馴染みやすく効果的な施術です。

症例写真

ベビーコラーゲン  NO.B-0005 Before:施術前
Before
ホクロ取り  NO.B-0005 After:施術後
After
施術名 ベビーコラーゲン
説明 皮膚の真皮層にコラーゲンを注入し、肌の再生能力を高め、シワの溝を膨らませることでシワを改善します。
副作用 一時的なむくみや内出血、吸収されるリスク
料金 ベビーコラーゲン 2回 ¥259,200
ホクロ取り  NO.B-0021 Before:施術前
Before
ホクロ取り  NO.B-0021 After:施術後
After
施術名 ベビーコラーゲン
説明 皮膚の真皮層にコラーゲンを注入し、肌の再生能力を高め、シワの溝を膨らませることでシワを改善します。
副作用 一時的なむくみや内出血、吸収されるリスク
料金 ベビーコラーゲン 1回 ¥129,600

リスクと副作用

手術について

施術期間 1日
施術回数 1回
施術時間 注射時間10〜15分
使用する麻酔 麻酔クリーム

術後について

抜糸 なし
圧迫 なし
食事制限 制限なし
飲酒 翌日から
お化粧 注入直後から
洗顔 制限なし
シャワー 制限なし
入浴 翌日から
マッサージ 施術部位は約1ヶ月後から
その他の注意事項 稀に注入部位に凹凸が生じる場合があるが、約1週間程度で自然に馴染みます。

ダウンタイムや副作用 個人差があります。

痛み ほとんど痛みは残らない
腫れ 2〜3日程度
内出血 1〜2週間
赤み 2〜3日程度

料金表

使用本数 価格(税込)
1本 ¥129,600
※マジックニードルでの施術を希望する場合、別途¥1,080(税込)

医師による解説

シワやたるみなどに対する効果が期待できるベビーコラーゲンは、赤ちゃんの皮膚に多く含まれているのが大きな特徴です。コラーゲンの種類はいくつかありますが、ベビーコラーゲンと呼ばれているのはそのためになります。ベビーコラーゲンのメリットは、人由来のためアレルギーなどの心配をする必要がないと言うことです。アレルギーなど心配がある場合は、検査などをしてから治療を進めていかなければいけません。検査などを含めると治療に入るまでに時間がかかりますが、アレルギーの心配がないベビーコラーゲンの場合は、その日のうちに注入することも可能になります。体内にあるコラーゲンとの結びつきが強いことも、ベビーコラーゲンを利用した治療のメリットです。
ベル美容外科クリニック顧問医 飯塚雄久

常勤治療責任者:飯塚 雄久 / 医学博士

  • 日本形成外科学会認定専門医
  • 日本美容外科学会 会員
  • 東京慈恵会医科大学形成外科講師

医師紹介ページへ

ベビーコラーゲンTOPへ

PAGE TOP