アンカーリフトのリスク・副作用・デメリット

アンカーリフトは、たるみやしわが気になる方やフェイスラインをシャープに見せたいという方にオススメのリフトアップ術です。
コグが2方向に入っている特殊形状の溶ける糸を使用しており、SMAS筋膜に挿入することで、たるみを引き上げる効果があります。
さらに、吸収された糸にはコラーゲンやヒアルロン酸が増殖され、肌にハリや弾力が出て美肌効果も期待できます。
メスを使用せず細い針で施術をする為、傷跡が目立ってしまう心配がないことで人気の施術ですが、アンカーリフトにもリスク・副作用・デメリットも存在します。
比較的ダウンタイムが短いと言われていますが、きちんと理解した上でアンカーリフトの施術を受けていただくことをオススメします。

施術後のリスクや副作用

赤みや内出血が出る可能性

施術後に赤みや内出血が出る場合がありますが、基本的には数日〜1週間程度で治ります。
アンカーリフトの施術は、比較的ダウンタイムが少ないと言われていますが、翌日からお化粧は可能ですので、気になる方はファンデーションやマスクで隠している方もいます。

痛みや腫れが出る

施術後の痛みは2〜3日程度、挿入箇所に触れると鈍い違和感を感じることがあります。
腫れは1〜2週間程度で治ります。どちらも時間が経過したら治るものなので、ご安心ください。
時間が経過後も治らない場合は、当院の医師やカウンセラーにお問い合わせください。

フェイスマッサージNG

マッサージは3ヶ月、避けていただく必要があります。
アンカーリフトの効果が弱まってしまう可能性がある為、施術後以降は強いマッサージを避けるようにしてください。

圧迫が必要

圧迫をすることで肌への馴染みが早く、腫れや治りが早いと言われております。
施術当日から7日間は、なるべく長い間圧迫していただき、7日目以降の1ヶ月間は、就寝時のみ圧迫が必要となります。

スプリングスレッドリフトTOPへ

スプリングスレッドリフトのリスク・副作用・デメリットをご覧の皆様へ|ベル美容外科クリニック

スプリングスレッドリフトのリスク・副作用・デメリットご案内ページです。

スプリングスレッドリフトのご案内ページです。
スプリングスレッドリフトとは伸縮性と弾力性に優れた溶けない糸を使用したリフトアップ術です。顔の筋肉の動きに合わせて伸び縮みするため、自然な表情を損なう心配はございません。また動きやすい口元や目元にも挿入可能です。
ベル美容外科クリニックでは、アンチエイジング、ほうれい線、しわ、シミなどさまざまなお悩みのご相談も承っております。安心・安全を第一に、ご納得いただいてから治療が行えるよう、無料カウンセリングも行っておりますので、お気軽にご相談ください。

施術一覧

ベル美容外科クリニックの休診日

2019年 11月
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
2019年 12月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4

休診日