スプリングスレッドリフトのリスク・副作用・デメリット

スプリングスレッドリフトは他の糸に比べ伸縮性があり、自然にリフトアップできるため人気メニューの一つです。
気になるたるみをリフトアップさせるフランス生まれの手術法と言われております。スプリングスレッドはたるみ解消以外にもフェイスラインを引き締め小顔効果に期待できるほか、糸の挿入により皮下組織に刺激が加わるので長期的にコラーゲンの生成が促され、ごく自然な状態で肌のハリと潤いを取り戻します。1回の施術で長期間持つ為、毎月エステに通うよりもコストパフォーマンスが高いと言えるでしょう。溶けない糸である為、効果の持続も長いと言われております。
そんな素晴らしいスプリングスレッドリフトですが、ここではあえてスプリングスレッドリフトのリスク・副作用・デメリットについてお伝え致します。
施術に対してのリスクや副作用について見落としがちな方が多いので、デメリットにも目を向け後悔のない施術を受けていただきたいと思います。

施術後のリスクや副作用

内出血が出てしまう

従来の糸とは異なり、ダウンタイムは比較的軽くはありますが、個人差によって施術後に内出血や腫れが出てしまう場合があります。
ただ、翌日からお化粧をすることも可能な為、気になる方はマスクやメイクで隠すことができるのでご安心ください。

【内出血とは】

血液の全成分が血管外に出ることを出血といい、血液が体表から体外に出るものを外出血、血液が組織・臓器内に出ても体内にとどまっている状態を内出血と呼びます。

【内出血が出た場合の対処法】

内出血が出た場合は、3日間冷やし、その後は最初に冷やすのは内出血を抑えるために血管を収縮させること、痛みを和らげる効果のあります。
1週間後は温めて血管を拡張させ血流を促すと内出血の吸収を早めることで、治りが早くなると言われております。

大口を開けられない

施術後に歯医者等で大きく口を開ける行為はコグが外れてしまう場合がある為、約1ヶ月間は控えていただく必要があります。
しかし、従来の糸に比べて筋肉の動きと共に動く為、口周り等の良く動く筋肉にも使用可能ですのでご安心ください。時間が経過しても、糸の緩みが起きずしっかりと効果を発揮します。また、糸は柔軟性と伸縮糸を持つシリコン製の糸になるため、不自然な引き攣れを起こす可能性は低いと言われております。

フェイスマッサージNG

マッサージは3ヶ月、避けていただく必要があります。
スプリングスレッドリフトの効果が弱まってしまう可能性がある為、施術後以降は強いマッサージを避けるようにしてください。

スプリングスレッドリフトのデメリット

施術後は圧迫が必要

スプリングスレッドリフトは4方向に向いている突起のある形状になっているため、強力なリフトアップ効果が期待できます。強力に引き上げるため術後顔に馴染むまでに、時間が掛かる方もいらっしゃいます。施術直後から馴染むまでの間、顔にひきつれを感じる方がいらっしゃいますが、必ず馴染むものになります。
施術後の腫れや・顔への馴染みを早める為、お客様に必ずやっていただいていることは「圧迫」です。圧迫する期間としては、手術当日~7日間は長時間の圧迫が必要になります。また、7日目~1ヶ月間は就寝時のみ圧迫をお願いしております。しっかり術後のケアを行うことで、自然なリフトアップ効果を実感していただけます。

スプリングスレッドリフトTOPへ

スプリングスレッドリフトのリスク・副作用・デメリットをご覧の皆様へ|ベル美容外科クリニック

スプリングスレッドリフトのリスク・副作用・デメリットご案内ページです。

スプリングスレッドリフトのご案内ページです。
スプリングスレッドリフトとは伸縮性と弾力性に優れた溶けない糸を使用したリフトアップ術です。顔の筋肉の動きに合わせて伸び縮みするため、自然な表情を損なう心配はございません。また動きやすい口元や目元にも挿入可能です。
ベル美容外科クリニックでは、アンチエイジング、ほうれい線、しわ、シミなどさまざまなお悩みのご相談も承っております。安心・安全を第一に、ご納得いただいてから治療が行えるよう、無料カウンセリングも行っておりますので、お気軽にご相談ください。

施術一覧

ベル美容外科クリニックの休診日

2019年 10月
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
2019年 11月
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

休診日