シミ取りレーザーのリスク・副作用・デメリット

男女問わず、「シミ」がお悩みの方は多いのではないでしょうか。
顔に限らず、体にもシミがあるだけで老けた印象に見られ、「何とかして治したい!」とシミに効くと言われているクリームを塗ったり、飲み薬を服用したり……。
いろいろ対策をしても改善が見られない、という声を多く耳にします。
そこで、有効な治療方法としてレーザー治療があります。シミにレーザーを当てて焼くという方法です。
塗り薬や飲み薬に比べて、直接、悩みのシミを焼き消してしまうので圧倒的に効果に期待ができます。
レーザー治療でシミを焼くと聞くと、副作用があるのではないか?焼いた跡はどうなるの?すぐ消えるの?などリスク・副作用・デメリットが気になると思います。
綺麗になりたくて治療をしたのに、「やれなければよかった」と後悔しないように、予めリスク・副作用・デメリットを把握しておきましょう。

施術中のリスクや副作用

レーザー照射による痛み

レーザー治療は気になるシミ部分にスポット的に照射していきます。ゴムで弾かれたような痛みがあります。
大半の方が我慢できる程度の痛みですが、痛みの感じ方には個人差があるので不安な方は麻酔クリームを使用することをお勧めします。

また、照射時より照射後のほうが痛い、という方も多くいらっしゃいます。レーザーで焼いた跡は火傷をしている状態と同じですので痛みがあるのは当然のことですが、ずっと痛みが続くわけではなく数時間で痛みはなくなります。

シミが消えない

レーザー治療をしたからと言って必ずシミが消失するわけではありません。
シミにはいろいろな種類があり、レーザーの種類や出力など適応するかしないか判断するのは非常に難しいと言われています。
一度レーザー治療をして変わらなかったとしたら、その治療は合っていなかった場合があります。その場合は、再度違う治療法を提案できることもありますのであきらめず相談しましょう。
当院ではシミ取りレーザーの他に、レーザートーニングフォトシルクプラスをご用意しております。
お悩みに沿った施術内容をご提案させていただきます。

シミが濃くなった

シミが消えなかった上にレーザー治療前より濃くなってしまったというケースもあります。
しかしその大半は炎症後色素沈着によるものです。前述の通り、レーザーでシミを焼くということは、火傷が起きている状態となります。その傷が治るまでの段階で起こるのが炎症後色素沈着です。
擦り傷や、切り傷、ニキビをつぶした後に茶色く変色する状態も同じと言えます。
色素沈着は自然と徐々に薄くなり、消失します。消失するまで3~6か月とかかる可能性があります。
炎症後色素沈着は誰にでも起こりうる症状ですので念頭に置いておいた方が良いでしょう。
炎症後色素沈着を早く治したいという方にはハイドロキノンクリームを使用することをお勧めします。

再発した

レーザー治療で一度取ったのにシミがまた出てきてしまったというケースがあります。
副作用というわけではなく、肌の奥に潜んでいるメラニンが表面へ出てきただけなのです。
一度消したシミは一生出てこないわけではありません。気になるシミが出てきてきたらその都度治療が必要となります。

シミ取りレーザーのデメリット

ダウンタイムがある

シミを薄くするクリームや飲み薬にはダウンタイムがありませんが、レーザー治療後は照射部分に保護テープを貼る必要があります。
肌色~茶色のようなテープを1週間貼り続けるため、見た目が気になるという方もいると思います。
しかし、レーザー治療後、患部は火傷状態のため刺激や紫外線に非常に弱くなっています。そのため、保護テープを貼る必要があります。シミをレーザーで消すにはこうしたダウンタイムが必要なのです。

費用がかかる

シミ取りレーザーは大きさで価格が変動するクリニックが大半だと思います。
大きさや数、再発率によっては費用がかさむ場合もあります。クリームや飲み薬に比べて医療機関で手軽に消すにはどうしても費用がかかってしまいます。

シミ取りレーザーTOPへ

シミ取りレーザーのリスク・副作用・デメリットをご覧の皆様へ|ベル美容外科クリニック

シミ取りレーザーのリスク・副作用・デメリットご案内ページです。

シミ取りレーザーとはシミやアザなど気になる箇所をピンポイントで除去できるレーザー治療です。当院で使用しているQスイッチYAGレーザーは照射時間が短く、お肌への負担が少ないので安心して受けていただけます。

ベル美容外科クリニックでは、アンチエイジング、ほうれい線、しわ、シミなどさまざまなお悩みのご相談も承っております。安心・安全を第一に、ご納得いただいてから治療が行えるよう、無料カウンセリングも行っておりますので、お気軽にご相談ください。

施術一覧

ベル美容外科クリニックの休診日

2019年 10月
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
2019年 11月
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

休診日