バストのお悩み

女性の多くはバストの大きさにコンプレックスを感じていると言われています。
顔や肌のケアは、比較的自宅でも化粧水や乳液などで簡単にできますが、バストの悩みは個人で解決するのは難しいですよね。
当院の施術でバストの大きさや加齢によるお悩みにアプローチする施術をご紹介します。

理想のバストサイズに近づきたい

バストサイズが小さいので大きくしたい、理想の形に近づきたいと考えている方は少なくありません。
また、バストが大きい方は年齢を重ねるにつれ、バストが垂れ下がってしまうという悩みをお持ちの方もいらっしゃいます。
一度バストがたるんでしまうと、急に体の見た目年齢も老けた印象になってしまいます。
反対にバストのたるみを改善すると、一気に若返りを図ることも可能です。
当院では、シリコンバックによるバストアップ術をご用意しております。
大きさだけでなく、年齢によるバストの悩みを抱えているという方も是非お気軽にご相談ください。
※ベルクリニックではヒアルロン酸注射でのバストアップは基本的に実施しておりません。ご了承くださいませ。

こんな方にオススメ

バストの大きさに自信をつけたい方
授乳・加齢前のハリのあるバストを取り戻したい方
安全なバッグをご希望の方

乳首を小さくしたい

日本人の乳頭の平均サイズは、直径1センチ、高さ8ミリと言われています。
ただ、乳頭は性ホルモンや体質、あるいは物理的刺激により授乳後に乳頭が大きくなり、お悩みの方は特に多くいらっしゃいます。
また、人と比べた時の大きさや服装により乳首が浮き出るといったコンプレックスをお持ちの男性の方も少なくありません。
当院では、バランスの良い乳首に近づくことのできる乳頭縮小の施術をオススメしています。

こんな方にオススメ

授乳後に乳首が変形したり大きくなってしまった方
乳首の大きさを気にされている方

医師による解説

豊胸手術にはいくつか種類があります。その中でも代表的なものがインプラント注入、ヒアルロン酸注入、脂肪注入の3つです。それぞれ特徴を持ち、メリット・デメリットがありますが、当院で実施しているインプラント豊胸術はどのような方に適しているのかお話しします。インプラント豊胸術は、シリコンバッグを胸へ挿入する方法です。バッグには様々な大きさや形状があり、元々の胸のサイズを選ばないので、大幅なサイズアップやリフトアップが期待できます。胸のサイズを大きくしたいという方は勿論、胸の下垂やハリが欲しい方にもオススメの方法です。また、人工物を体内に挿入するので、体内に吸収されることがなく持続的な効果も期待できます。
ベル美容外科クリニック顧問医 飯塚雄久

常勤治療責任者:飯塚 雄久 / 医学博士

  • 日本形成外科学会認定専門医
  • 日本美容外科学会 会員
  • 東京慈恵会医科大学形成外科講師

医師紹介ページへ

バストのお悩みTOPへ

バストのお悩みをご覧の皆様へ|ベル美容外科クリニック

バストのお悩みのご案内ページです。

バストのお悩みは、サイズアップのご相談が最も多く、当院ではシリコンバックによる豊胸を行なっております。また、加齢によって垂れてしまうなどのお悩みも多く聞かれます。

ベル美容外科クリニックでは、アンチエイジング、ほうれい線、しわ、シミなどさまざまなお悩みのご相談も承っております。安心・安全を第一に、ご納得いただいてから治療が行えるよう、無料カウンセリングも行っておりますので、お気軽にご相談ください。
 

その他のお悩み

  1. 痩身のお悩み

  2. 首のお悩み

  3. 手のお悩み