眼瞼下垂術のよくあるご質問

このページでは眼瞼下垂術に関してよく寄せられるご質問をご紹介しております。
また、こちらにお探しの内容がない場合は、お問い合わせからのメール相談、またはお電話にて、 お気軽にお問い合わせ下さい。

Q.眼瞼下垂は、一度手術をしたら元に戻ることはありますか?

A.施術後にどうしても進行してしまう老化現象として、まぶたを開ける筋肉が多少緩んで下垂症状が起こる可能性はあります。
ただ、放っておくと悪化する為、眼瞼下垂の症状を感じられたら早めに改善することをオススメします。

Q.視野が狭く感じますが、眼瞼下垂か不明です。

A.一度、当院でカウンセリングにお越しいただくことをオススメします。
眼瞼下垂の症状は、自然治癒やセルフケアで改善することは一般的にないとされている為、お気軽にご相談ください。

Q.眼瞼下垂の施術後は、目の開きすぎの状態になりませんか?

A.しっかりとまぶたの状態を見て、施術を行いますのでご安心ください。

Q.眼瞼下垂の施術後は、傷跡は目立ちますか?

A.切開の傷は赤みが長引きますが2~3か月ほどで目立たなくなります。
赤みはメイクで隠せる程度です。
裏を切る場合は、傷口は表に出ないので跡は残りません。

Q.化粧はいつからできますか?

A.アイメイク以外は翌日から行っていただいて構いませんが、アイメイクは抜糸後翌日から可能です。
裏を切る場合は、当日からお化粧可能です。

Q.眼瞼下垂術で二重を作ることもできますか?

A.表から切開する場合は、二重を作ることが可能です。

よくある質問TOPへ

眼瞼下垂術のよくある質問をご覧の皆様へ|ベル美容外科クリニック

眼瞼下垂術のよくある質問のご案内ページです。

眼瞼下垂術には複数の施術方法があり、それぞれまぶたが開きづらくなっている状態を改善する施術です。通常マッサージ等のセルフケアでは改善されない視覚障害や健康障害を改善する効果があり、まぶたの重みを感じる方に適されています。

ベル美容外科クリニックでは、アンチエイジング、ほうれい線、しわ、シミなどさまざまなお悩みのご相談も承っております。安心・安全を第一に、ご納得いただいてから治療が行えるよう、無料カウンセリングも行っておりますので、お気軽にご相談ください。