上眼瞼たるみ取りのよくあるご質問

このページでは上眼瞼たるみ取りに関してよく寄せられるご質問をご紹介しております。
また、こちらにお探しの内容がない場合は、お問い合わせからのメール相談、またはお電話にて、 お気軽にお問い合わせ下さい。

Q.眉毛下切開との違いを教えてください。

A.上眼瞼たるみ取りは最大切除幅が5ミリです。たるみが強い方は、眉毛下切開との併用も可能です。
対して眉毛下切開は最大切除幅10ミリです。元々目と眉の距離が近い方はたるみ取りが適していると言えます。

Q.手術で切らないと目の上のたるみは取れないですか?

A.状態によりますが、軽度なたるみの場合は切らないで対応できることもあります。
現在のまぶたのラインよりも幅の広い所に埋没法で二重を作ると、折り重なる皮膚が減り結果的にたるみが改善したように見えます。

Q.窪んだ目でも可能ですか?

A.可能です。ただ、窪みが深く大きな場合は、二重のラインが出にくいことがあります。
その場合は、上まぶたのたるみを取ったあとに窪み部分にFGFを注入し、これによって二重のラインを作ること方法があります。
また、窪み目は眼形下垂などの可能性も考えられます。患者様の状態やご希望に沿った施術法をご提案させていただきます。

Q.瞼の脂肪が多いですが、取れますか?

A.切開した際に上まぶたの脂肪が多い場合は、同時に切開したラインから余剰な脂肪を取り除くことも可能です。

Q.手術後、一重の目は二重になりますか?

A.なります。たるみ取りと同時に二重術を希望している方に適した施術となります。

よくある質問TOPへ

上眼瞼たるみ取りのよくある質問をご覧の皆様へ|ベル美容外科クリニック

上眼瞼たるみ取りのよくある質問のご案内ページです。

上眼瞼たるみ取りとは上まぶたのたるんだ皮膚を取り除く施術です。明るくスッキリとした印象の目元に近づくと同時に頭痛・肩こり・眼精疲労などの健康面の改善も期待できるのでご年配の方を中心に注目していただいています。

ベル美容外科クリニックでは、アンチエイジング、ほうれい線、しわ、シミなどさまざまなお悩みのご相談も承っております。安心・安全を第一に、ご納得いただいてから治療が行えるよう、無料カウンセリングも行っておりますので、お気軽にご相談ください。