フォトシルクプラスのよくあるご質問

このページではフォトシルクプラスに関してよく寄せられるご質問をご紹介しております。
また、こちらにお探しの内容がない場合は、お問い合わせからのメール相談、またはお電話にて、 お気軽にお問い合わせ下さい。

Q.フォトシルクプラスを受けられない方はいますか?

A.絶対禁忌ではありませんが、肝斑は一般的にレーザーや光刺激の適応ではないと言われています。
肝斑に照射した場合、症状は一時的に軽快しても再発する可能性がございます。
予想以上に光の吸収・反応は強く出やすい為、悪化する可能性も否定できません。肝斑は診断が難しいとされ、慎重な判断が必要です。
肝斑が気になる方は、レーザートーニングも検討されてはいかがでしょうか。

Q.副作用はありますか?

A.副作用はありません。施術直後から3日くらいにかけてお肌の症状によりますが、メラニンのある部分に茶褐色の薄い瘡蓋が出来る場合があります。
それらは3日から1週間程度で自然に脱落していきますのでご安心ください。

Q.瘡蓋になりませんでした。その場合は効果がないということですか?

A.施術前の肌の状態、シミの濃さや量にもよりますが、全てのシミが絶対に瘡蓋になるわけではありません。
瘡蓋にならないシミは肌の中で色素が分解され、治療する度にだんだん薄くなってきます。
初めて治療する場合は表面に近いシミ、肌の浅い層のシミが反応する為、治療後に小さな瘡蓋が浮いてきます。
元々ダウンタイムがないように作られている治療器のため、治療後も基本的にはお化粧で隠せる程度です。

Q.施術後にメイクや洗顔はできますか?

A.通常、施術直後からメイクや洗顔が可能です。
ただし、ヒリヒリ感や熱感が強い場合は、スクラブ洗顔やピーリング剤などの使用は控え、肌に刺激を与えないようにしてください。
当院には施術後に使用できる日焼け止めや、美白・美肌効果の高いリジェンスキンSRSマスクもご用意しておりますので、カウンセラーや医師にご相談ください。

Q.治療はどれぐらいの間隔でできますか?また治療間隔は空けない方がいいですか?

A.基本的には3〜4週間経過していれば、次の治療が可能です。
治療間隔は4週間以上空けても問題ありませんが、間隔を空けずに治療した方がより効果を実感しやすいと言われています。
ただ、その期間に日焼けをされた場合は1ヶ月ほど間隔を空けていただくことが望ましいです。
また、施術後に日焼けをする可能性がある場合は、施術から1週間後以降にしていただきますよう、よろしくお願いします。
美白や美肌を維持・持続させる為に、メンテナンス目的で2〜3ヶ月置きに定期的に治療されることも効果的です。

よくある質問TOPへ

フォトシルクプラスのよくある質問をご覧の皆様へ|ベル美容外科クリニック

フォトシルクプラスのよくある質問のご案内ページです。

フォトシルクプラスとは、シミやくすみ、赤ら顔などのお悩みを改善させる美肌治療です。
メラニンやヘモグロビンに吸収する波長域を持った光をお顔全体に照射することで、肌全体のトーンアップだけでなくハリや弾力などの効果も期待できる施術です。

ベル美容外科クリニックでは、アンチエイジング、ほうれい線、しわ、シミなどさまざまなお悩みのご相談も承っております。安心・安全を第一に、ご納得いただいてから治療が行えるよう、無料カウンセリングも行っておりますので、お気軽にご相談ください。