顔のコラム

目の下のシワを改善するには?

目の下のシワを改善するには?

年齢と共に気になってくる目の下のシワ。
目の下の皮膚はとても薄いため、くすみや黒ずみも目立ってしまうのが厄介ですよね。
無理にメイクで隠そうとして厚化粧になったり、ごまかすために眼鏡が手放せなくなったり、困っている方は意外と多いです。
目の下のシワのせいで年齢以上に老けて見え、大好きなメイクやファッションを心の底から楽しめなくなるのは辛いですよね。

まずは保湿を見直そう!
目の下のシワの原因として最初に考えられるのが乾燥による水分不足です。
通常「乾燥ジワ」「ちりめんジワ」「小ジワ」と呼ばれており、浅いシワで潤いが不足した肌表面に現れます。
乾燥シワの判断方法として、シワに水を付けてみて消えてしまったらこれは乾燥シワの可能性が高いです。
特に目の下はお手入れしにくい部分なので、適当にやっているだけでは潤いが不十分になることもしばしばあります。
30歳を超えたら毎日のスキンケアにプラスしてアイケアも積極的に改善したいですね。
自宅で出来るアイケア方法
ローションでひたひたにしたコットンを瞼の上に乗せるアイパックやまつ毛と瞼を同時にケアできるアイクリームなどを使ってしっかり保湿しましょう。
メイク前のアイケアはメイク崩れの原因となってしまうこともあるのでできれば寝る前のケアがおすすめです。
まつげエクステをしている方は油分を避けなくてはいけないため、日頃から保湿が不十分になっている可能性が高いです。
鏡でチェックしつつ、乾燥しているなと思ったら小まめに保湿をするように心掛けましょう。
また、毎日しっかりめのお化粧をしている人はクレンジングの際にこすり過ぎてしまい肌を傷つけてしまうことも。
お湯で落ちるマスカラやこすらず落ちるクレンジングを使用するなど肌に負担のないスキンケアを心掛けましょう。
乾燥シワは洗顔と保湿ケアの見直しである程度改善が期待できます。

血行改善に効果的なアイマッサージとは?
瞼の皮膚は人間の体の中でも最も薄く、0.1~1.1mm程度しかなく、強く擦ってしまうと鬱血し、皮膚を傷める原因となります。
そこでお勧めなのがツボ押しマッサージです。目の周りには承泣(しょうきゅう)・太陽(たいよう)・清明(せいめい)などのツボがあり、どれも眼精疲労や目のむくみを改善するのに効果的とされています。
ただ、ごりごり強く押したり、擦ったりすると逆に肌に負担を掛けてしまいたるみやシワの原因となってしまいます。
朝晩のお肌のケアをする際に、少し血行を良くするぐらいの気持ちで柔らかく指の腹で抑えるぐらいに留めて置きましょう。

承泣(しょうきゅう)のマッサージ方法
目の周りにある骨のふちにあるツボで瞳孔の真下に位置します。
目を閉じて人差し指と中指、薬指の三本を第二関節からまげて乗せ、下に押し下げるようにして押します。

太陽(たいよう)のマッサージ方法
眉尻と目尻の中間からやや後ろにあるくぼみを人差し指で3~5秒程度ゆっくりと指圧します。
骨の下の方には神経が通っているので押し過ぎに注意しましょう。

清明(せいめい)のマッサージ方法
目頭のやや上にあります。片手の親指と人差し指で鼻の根元を指で挟むような感じで押します。

睡眠不足やパソコンの使い過ぎも目の下のシワの原因に?
目の下のシワの原因の1つとして表情シワがあります。
長時間パソコンを使っていると瞬きの回数が減るため血行不良になり、目の周りの筋肉の衰えや血行不良による栄養不足のためシワの出来やすい状況に。
そこに目を細める癖がついてしまうと表情ジワが出来てしまう原因となってしまいます。
同じように寝不足や疲労も血行不良や栄養不足の原因となります。
血行改善と筋肉の衰えを防ぐことが目の下のシワを予防にはとても大切です。
紫外線が怖い理由とは?
人間の老化の80%は紫外線が原因と言われるほど怖い紫外線。紫外線の怖いところはコラーゲンを作る元となる線維芽細胞を直接攻撃して破壊してしまうことです。
また、老化や紫外線で破壊された線維芽細胞は自然にしていても改善することはありません。
当然、目の下のシワの一因にもなっており、肌内部まで到達する紫外線A波は季節に関係なく一年中大量に降り注いでいます。
そのため、1年を通して紫外線対策をすることが重要です。
ちょっとしたお出かけの時も目の下のシワ対策に日焼け止めは忘れない様にしましょう。

諦めないで!FGF注入で効果的な治療を
どんなに予防をしても老化による筋肉の衰え、栄養不足はなかなか食い止めることは出来ません。紫外線も全く当たらないわけにも行かないです。
そして、すでに深くシワが刻まれてしまい、今さら何をしても効果がない、改善できない・・・と嘆いている方も多いのではないでしょうか?
そこでお勧めなのがFGF(細胞増殖因子)注入です。老化や紫外線など様々な原因で破壊されてしまった線維芽細胞を再生させ、お肌のハリや潤いを改善させることが出来るのがFGFです。
通常、サプリメントを飲んでもコラーゲンを増やすことはできませんが、コラーゲンを生産する線維芽細胞を直接増やすことでハリのあるお肌に改善することができます。
皮膚を切ったりすることもなく注射で改善できるのも嬉しいですね。

●FGF注入
FGF注入の詳細

顔のコラム

  1. 目の下のシワを改善するには?

    目の下のシワを改善するには?

    無理にメイクで隠そうとして厚化粧になったり、ごまかすために眼鏡が手放せなくなったり、困っている方は意外と多い"目の下のシワ"。改善方法をご紹介します。

  2. 目の下のシワ対策、本当にヒアルロン酸でいいの?

    目の下のシワ対策、本当にヒアルロン酸でいいの?

    今まではヒアルロン酸注射が効果的とされていましたが、当院では再生医療を利用したFGF注入をご案内しております。そんなヒアルロン酸注射とFGF注入の効果や持続力などの違いをご紹介します!

  3. 目の下のシワを放置すると大変!その対処法とは?

    目の下のシワを放置すると大変!その対処法とは?

    特に目の下のたるみは顔の印象を大きく変えますし、またシワやたるみがあることによって実年齢よりも大幅に上の年齢に見えてしまうこともあるのです。そんな気になる目の下のシワについて、ご紹介します。

  4. 目の下のシワの原因はこれだった!改善方法は?

    目の下のシワの原因はこれだった!改善方法は?

    ベル美容外科クリニックでも特に30代を超えてから目の下のシワに悩んでいる方の相談を多く受けます。 そんな目の下のシワの原因と改善方法についてご紹介します!

  5. 目の下のシワ、整形を考えるなら切らない治療という選択肢も!

    目の下のシワ、整形を考えるなら切らない治療という選択肢も!

    美容整形というとメスを使った手術を想像する方も多いかもしれませんが、切らない施術方法も多く、受けられる方がたくさんいらっしゃいます。そこで今回は目の下のシワに効果的な施術をご紹介します。

  6. シワより印象が強い?老けて見られる目の下のくぼみに注意

    シワより印象が強い?老けて見られる目の下のくぼみに注意

    目の下がくぼんでいると目元全体が野暮ったく見え、疲れた印象を与えてしまうかもしれません。そんな目の下のくぼみの改善方法をご紹介します。

  7. 目の下のくぼみを解消して、若々しい目元を

    目の下のくぼみを解消して、若々しい目元を

    よく見られる加齢に伴って現れる目の下のくぼみがあると、年齢以上に疲れた老け顔になってしまいます。目の下のくぼみを解消して、顔全体を明るく若々しいものにしましょう。

  8. ゴルゴラインに整形は必要か。もっと効果的な施術方法とは?

    ゴルゴラインに整形は必要か。もっと効果的な施術方法とは?

    目頭から頬の中心に向かって斜め45度に走るくぼんだシワ”ゴルゴライン”。本当に効果のあるゴルゴライン解消法についてご紹介します!

  9. 法令線より老けて見える?マリオネットラインが怖すぎる!

    法令線より老けて見える?マリオネットラインが怖すぎる!

    マリオネットラインは法令線の延長線上に位置し、口の両端から顎にかけてまっすぐに伸びるシワです。このマリオネットラインについてご説明します。

  10. 名前の由来は暗殺者!?ゴルゴラインの正体とは!

    名前の由来は暗殺者!?ゴルゴラインの正体とは!

    漫画でゴルゴ13の頬にくっきりと描かれていることからゴルゴラインと名付けられました。今回はこのゴルゴラインの原因と対策についてご紹介します。

  11. 老け顔といわれてしまう”ゴルゴライン”の原因は?

    老け顔といわれてしまう”ゴルゴライン”の原因は?

    表情筋の衰えや肌のコラーゲン成分の減少、皮下脂肪の衰えなどが挙げられ、そのほとんどが年齢とともに現れやすい症状”ゴルゴライン”。ゴルゴラインが出来てしまう原因をご紹介します。

  12. ゴルゴラインの改善、本当にヒアルロン酸注射が一番いいの?

    ゴルゴラインの改善、本当にヒアルロン酸注射が一番いいの?

    目の真下から頬を斜め下に通る通称”ゴルゴライン”。このシワは顔の中でも特に目立つので、年齢以上に老けてみられる原因にもなります。

  13. 疲れ顔から卒業!美容整形ならではの目の下のたるみの治療方法

    疲れ顔から卒業!美容整形ならではの目の下のたるみの治療方法

    加齢によるお悩みでも特に多いのが、クマのような目の下のくぼみ。セルフケアでは改善が難しい目の下のたるみ治療法をご紹介します。