肌のコラム

シミ取りレーザーは正しいアフターケアが重要!

シミ取りレーザーは正しいアフターケアが重要!

若い方でも多いお悩みのシミ。
シミのできる主な原因は紫外線です。長年、紫外線を浴び続けることで肌がダメージを受け(光老化)、皮膚細胞の再生能力が低下、メラニンを外に排泄する力が弱くなってしまいます。
また、たばこやストレスは老化を促す原因の一つである活性酵素を増やします。 この活性酵素がメラノサイトを刺激してメラニンの過剰産生を起こしやすくします。
シミがあるだけで、年齢よりも老けて見えてしまいます。そんなシミが簡単に消えたら嬉しいですよね。
そこで、シミの代表的な施術はレーザー治療ですが、レーザーを当てた後はアフターケアが必要になります。
正しいアフターケアをしなければ、せっかくシミを消すためにレーザーを当てたにも関わらず、逆にシミが濃くなってしまったり、ダウンタイムが長くなってしまったりする場合があります。
そんなことになってしまわないように、あらかじめシミ取りレーザー後の正しいアフターケアをご紹介します。

患部を保護する
シミ取りレーザーをした肌は火傷を負った状態なので、1週間保護テープを貼ります。保護テープを貼らなければ、早期にかさぶたが剥がれてしまったり、摩擦や紫外線による色素沈着などの恐れがあり、患部がきれいに治癒しません。
テープは肌色に近い状態ですが、どうしても気になる方もいるかもしれません。しかし、保護テープは綺麗にシミを消すためには必要不可欠ですので、必ずおこなっていただきたいアフターケアと言えます。
刺激しない
先ほども述べたように、患部は非常にデリケートです。洗顔やメイクの際にこすったりしてしまうことで刺激となり、シミや色素沈着の原因となります。
かさぶたがはがれた後の患部は完全な肌色ではなく、赤やピンクっぽい状態になります。隠そうとしてたくさん塗りたくなる気持ちはわかりますが、術後の跡を考えてあまり触らないようにしましょう。

UVケア
保護テープを外した後、患部はかさぶたがはがれた状態になります。かさぶたがはがれた直後は患部がデリケートなので、紫外線に弱くなっています。患部に紫外線が当たってしまうとシミが再発する原因となりますので、外出する際はしっかりUVケアをして出かけることが大事です。UVケアは、ほとんどの女性が日常的におこなっているスキンケアですよね。シミ取りレーザー後は、普段以上にケアしてあげることが大切です。
また日本人の肌特有で、レーザー後は炎症後色素沈着を起こしやすい傾向があります。
色素沈着は時間とともに消失していきますが、消えるまでに数ヶ月要する場合もあります。その期間に色素沈着の部分に紫外線を浴びることでシミになる可能性が高くなりますので気をつけましょう。

美白ケア
炎症後の色素沈着は放っておいても消失していきますが、数ヶ月という期間を要する場合も。
そこで、早く色素沈着を治すために美白ケアをするとよいでしょう。 UVケアや患部の保護と言った外側からのアフターケアに加えて、体の内側からもケアしてあげると尚良いです。
シミ取りレーザー後の適した美白ケアをご紹介します。
ハイドロキノン
色素沈着は、表皮の一番深いところにメラニン色素として沈着しています。この層にはシミのもとになるメラニンを作るメラノサイトと呼ばれる細胞があります。ハイドロキノンは、このメラノサイトの活動を弱めます。 治療期間中は強い漂白作用のあるハイドロキノンで、メラノサイトに新しいメラニンを作らせないようにします。
このようにすることで、黒ずみは除去され、色素沈着していた表皮はメラニン色素の少ない、みずみずしい新しい皮膚に生まれ変わることになります。
シナール(ビタミンC)
シナールはビタミン複合剤であり、その主成分はアスコルビン酸(ビタミンC)などのビタミン類です。アスコルビン酸とはビタミンCの別名です。ビタミンCは、メラニン色素に働き、効果的に色素沈着やシミ・ソバカスを緩和します。
トラネキサム酸
トラネキサム酸は、アミノ酸の一種で、シミなどの原因となるメラニンの生成を抑制する効果があります。
肌が紫外線を浴びると、メラニンをつくりだす「メラノサイト」と呼ばれる細胞から、メラニンの生成を命ずる指示が出されます。 トラネキサム酸は、その情報伝達物質のひとつである「プロスタグランジン」などをブロックし、メラニンの生成を抑えてくれます。
ユベラ(ビタミンE)
ビタミンEには、色素沈着の原因となる過酸化脂質(脂肪酸がサビた状態)の増加を防止する効果があります。

以上がシミ取りレーザー後の正しいアフターケアでした。
シミを消すのは簡単に思われがちですが、意外とダウンタイムが長引きやすい治療です。
安易に施術を受けてアフターケアを怠ると後悔する結果になりかねません。
一見大変そうなアフターケアに見えますが、しっかりとケアをしてあげることでシミ予防もでき、よりきれいなお肌を手に入れることができます。シミ取りレーザー治療をしっかりと理解した上で施術を受けましょう。


●シミ取りレーザー
シミ取りレーザーの詳細

肌のコラム

  1. FGF注入をオススメする理由

    FGF注入をオススメする理由

    FGF注入は、線維芽細胞増殖因子と呼ばれる人体で作られるたんぱく質の一種で、気になるシワやへこみに注入することで線維芽細胞を増殖させます。気になるシワやへこみに注入することで、お肌をフラットな状態へ近づかせます!

  2. 後悔したくない!ヒアルロン酸注射のリスクや副作用

    後悔したくない!ヒアルロン酸注射のリスクや副作用

    ヒアルロン酸注射は、涙袋や唇をぷっくりさせる時や鼻や顎の高さを出したい時など、お顔のパーツを整えたい方へ適している施術です。注入直後から効果を実感でき、ダウンタイムも短いため人気の高い施術です。施術後に後悔をしないよう、起こりうるリスクや副作用を把握しておきましょう。

  3. 絶対やるべき!フォトシルクプラスのアフターケアとは?

    絶対やるべき!フォトシルクプラスのアフターケアとは?

    施術を受けたらそれで終わりと考えがちですが、実はアフターケアが最も大事! アフターケアをしっかりとおこなえば、施術の効果をさらに引き出せるかもしれません。 簡単に出来るケアの方法をご紹介します。

  4. シャネル注射のオススメポイント

    シャネル注射のオススメポイント

    美容大国韓国で話題のシャネル注射。 人気の理由や肌にどの様な美容効果があるのか、シャネル注射のオススメポイントをご紹介します。

  5. フォトシルクプラスで後悔しないために知っておくべきこと

    フォトシルクプラスで後悔しないために知っておくべきこと

    施術におけるお客様の負担の少なさや、お手頃な価格から人気のフォトシルクプラス 。「思っていたのと違う」「やらなければ良かった」と後悔しない様にフォトシルクプラスにおけるトラブルやリスクなどをご紹介します。

  6. 健康も美容も!ビタミン注射がオススメ

    健康も美容も!ビタミン注射がオススメ

    ビタミン注射は、知名度が高く取り入れやすい施術の一つです。 ビタミン注射を受けられる施設によってメニューや効能が異なります。 お悩みや症状ごとにオススメのビタミン注射をご紹介します。

  7. 美容大国・韓国で大人気のシャネル注射!そのメリットとは?

    美容大国・韓国で大人気のシャネル注射!そのメリットとは?

    美容大国と言われている韓国でも大変人気のシャネル注射のメリットをご紹介します。 お肌のお悩みをトータル的に改善する効果が期待でき、幅広い年代にオススメです。

  8. シミ取りレーザーは正しいアフターケアが重要!

    シミ取りレーザーは正しいアフターケアが重要!

    シミ取りレーザー後のお肌はとてもデリケートでゆらぎやすい状態です。お肌を守り、効果を実感するために大切なアフターケアの仕方をご紹介します。

  9. 様々な肌悩みにアプローチ!フォトシルクプラスのメリット

    様々な肌悩みにアプローチ!フォトシルクプラスのメリット

    シミ、くすみ、ニキビ…。様々なお肌のお悩みに幅広く有効なのがフォトシルクプラス 。人気の施術ならではのメリットをご紹介します。

  10. 肌トラブルにオススメ!水光注射で悩み知らずの肌へ

    肌トラブルにオススメ!水光注射で悩み知らずの肌へ

    肌トラブルはとても身近なお悩みです。肌トラブルを引き起こす原因や水光注射の効果についてご紹介します。

  11. 水光注射のダウンタイムと気を付けたいポイント

    水光注射のダウンタイムと気を付けたいポイント

    美容大国韓国で人気に火がついた水光注射。施術時間が短いことが魅力ですが、気になるダウンタイムや施術中の痛みについてご紹介します。

  12. 気になるシワの予防法とオススメの治療法について

    気になるシワの予防法とオススメの治療法について

    年齢を重ねるごとに、増えていくシワやたるみ。放っておくと目立つシワに変化してしまいます。こちらでは、シワの原因や予防方法をご紹介します。

  13. 失敗したくない!FGF注入の落とし穴

    失敗したくない!FGF注入の落とし穴

    思っていた効果が出なかった、施術を受けなければ良かった…これって失敗?と後悔しないために、FGF注入の注意点をご紹介します。

  14. 気になるシミ!オススメの解決策

    気になるシミ!オススメの解決策

    日頃から紫外線ケアをしていても、年齢を重ねるに連れお肌に年齢肌のサインが出てきます。セルフケアでは治しにくいシミ解消法をご紹介します。