眼瞼下垂術のリスク・副作用・デメリット

眼瞼下垂とは、目を開けようとしても上まぶたが上がりにくく、正面を向いた時、上まぶたが瞳孔の一部を塞いでしまう状態を指します。
その状態の原因は先天性と後天性の二つに分類されています。
先天性眼瞼下垂は上眼瞼挙筋の発達異常が原因と言われており、その大部分が片方の眼に起こるとされています。
ごく稀に、交感神経系の疾患による場合もあります。
後天性眼瞼下垂は、腱膜という膜が伸びたり緩んだりする事で起きます。
その原因の多くは加齢によるものとされていますが、アトピー性皮膚炎でまぶたを擦る習慣のある方や、最近ではコンタクトレンズ長期装用による眼瞼下垂が増えています。
眼瞼下垂は頭痛や肩こりなどの原因にもなり得る為、年齢や性別を問わずこの疾患の知名度は高いでしょう。

施術中のリスクや副作用

左右差が生じることがある

手術直後などに見られる左右差は時間の経過によって落ち着いていくものが大半です。
しかし中には左右差が解消されず、再手術を行うというケースも存在します。
左右差の原因の一つとして額の筋肉の影響が考えられます。
眼瞼下垂の手術を適切に行っていても、額の筋肉が片方だけ働いてしまう事があります。

ドライアイ

眼瞼下垂術によってまぶたが大きく開くようになると、眼球が乾きやすくなるという場合があります。
しかし、ドライアイの原因が全て手術の影響によるものとは限らず、加齢の変化で涙の分泌量が低下することも関係していきます。

眼瞼下垂術のデメリット

判断しにくい

眼瞼下垂は、『瞳がまぶたに覆われている』、『眠そうと言われる』など症状を自覚しやすい疾患と思われますが、眼瞼下垂に似た“偽眼瞼下垂”と言われるものがあります。
偽眼瞼下垂は、眼瞼下垂同様に『目が凹んでいるように感じる』や『視界が悪い』などの症状が起こりますが、実際まぶたを上げる筋肉や腱に異常はない事が特徴です。
原因としては、加齢による皮膚のたるみや、眉下垂という顔面神経麻痺後に起こるもの、眼瞼の痙攣などが挙げられます。
当院では、眼瞼下垂の他に上眼瞼たるみ取り眉毛下切開をご用意しています。
上まぶたのたるみなどが気になる方は、まずはカウンセリングへお越しください。お客様に合った治療法をご案内させていただきます。

豊胸TOPへ

眼瞼下垂術のリスク・副作用・デメリットをご覧の皆様へ|ベル美容外科クリニック

眼瞼下垂術のリスク・副作用・デメリットご案内ページです。

眼瞼下垂術には複数の施術方法があり、それぞれまぶたが開きづらくなっている状態を改善する施術です。通常マッサージ等のセルフケアでは改善されない視覚障害や健康障害を改善する効果があり、まぶたの重みを感じる方に適されています。

ベル美容外科クリニックでは、アンチエイジング、ほうれい線、しわ、シミなどさまざまなお悩みのご相談も承っております。安心・安全を第一に、ご納得いただいてから治療が行えるよう、無料カウンセリングも行っておりますので、お気軽にご相談ください。

施術一覧

ベル美容外科クリニックの休診日

2019年 11月
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
2019年 12月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4

休診日