ベル美容外科クリニックは、
第二種再生医療等提供計画番号を取得しています

幹細胞治療をおこなうためには、厚生労働省が認めた特定認定再生医療等委員会による審査が必要です。
実施するクリニックの管理体制や、細胞の採取環境など様々な面で審査がなされ、適切と判断されて初めて幹細胞の治療をおこなうことができます。
幹細胞を全身に投与すると、身体の中の損傷・老化した部位に幹細胞が集まり、必要な細胞へと変化して患部の修復・再生をします。
また、お顔のシワなど気になる箇所に局所投与すると、全身と同様に幹細胞が不足している細胞へと変化し、肌の細胞を活性化します。シワやたるみなどのエイジングサインや、乾燥、肌荒れなど様々な肌悩みにアプローチします。

こんなお悩みをお持ちの方に

お肌全体の若返りを希望
肌質を改善したい
お肌にハリ・ツヤを出したい
たるみ
シワ・ちりめんジワ

施術について
幹細胞について 幹細胞培養上清液について
幹細胞治療の流れ リスクと副作用
料金表 医師による解説

幹細胞について

幹細胞とは

人間の身体の中は37兆個の細胞から成り立っており、元々は一つの受精卵です。細胞は人の身体を形成する中で細胞分裂を繰り返し、皮膚や心臓などの組織や臓器となります。これを分化と言います。
一方で多くの細胞には寿命があります。怪我をしてかさぶたが剥がれ落ちても、その下に新しい皮膚があるのは、組織の中に新しい細胞を補充する役割を持つ、未分化細胞があるからです。
完全に分化し、組織や臓器となった細胞は体細胞、これから様々な組織や臓器に変わってゆく未分化細胞は、幹細胞と呼ばれています。
幹細胞が細胞分裂を繰り返し、自分と同じ幹細胞を増やす能力を自己複製能、自分とは異なる様々な細胞に分化する能力を多分化能と言います。幹細胞はその2つを併せ持つ特殊な細胞です。
現在、再生治療の分野で注目されている幹細胞は、ES細胞(胚性幹細胞)成体幹細胞iPS細胞の3種類とされています。

ES細胞

ES細胞やiPS細胞は、胚体外組織を除く全ての細胞に分化することができます(多能性幹細胞)。しかし、ES細胞は受精卵の一部を取り出して作ることから、倫理的な面で再生医療への応用には慎重になっているのが現状です。

iPS細胞

iPS細胞は、特定の遺伝子を導入、誘導した細胞です。ES細胞と同様の働きをしますが、ES細胞と異なる箇所は自分の細胞を用いるといった点です。
再生医療や創薬などの面で大きな期待をされる一方で、癌化の可能性が存在し、いまだ課題が残っています。

成体幹細胞(体性幹細胞・組織幹細胞)

ES細胞とiPS細胞は、人工的に造られた細胞であるのに対し、成体幹細胞は私達の身体の中に存在して実際に働いています。この幹細胞は特定の細胞にしか分化できないものの、癌化や免疫拒絶のリスクが低いことから国内外で臨床応用が始まっています。
成体幹細胞の中の一つである間葉系幹細胞は骨髄由来間葉系幹細胞、臍帯由来間葉系幹細胞、脂肪由来間葉系幹細胞などに分類されます。
当院では患者様本人から採取した脂肪細胞を用いた自家脂肪由来幹細胞治療が受けられます。

脂肪幹細胞とは

ヒト脂肪由来幹細胞(脂肪幹細胞)は間葉系幹細胞の一つで、体内で常に活動している幹細胞です。脂肪組織のみならず、骨や軟骨、血管を作る細胞に分化する能力を持っています。

脂肪幹細胞のメリット

     

  • 採取時の痛みが少ない
  • 従来、幹細胞治療の主流であった骨髄幹細胞移植は採取時の痛みが大きく、そして一度に採取できる量が限られることが課題となっていました。
    脂肪幹細胞の場合は、脂肪組織が身体の表面近くに分布しているので、採取が容易であり、場合によっては多量の採取もできるため、患者様にかかる負担が少ない方法と言えます。

  • 拒絶反応・倫理問題が無い
  •  自己由来の脂肪幹細胞は移植しても拒絶反応が見られず、ES細胞のように倫理的な問題がありません。

  • 傷跡が目立たない
  •  美容外科クリニックで脂肪幹細胞採取をするメリットは、脂肪を採取した傷跡が目立たない事です。
    美容目的で行う『脂肪吸引』は身体の目立たない部位を切開し、カニューレと呼ばれる専用の細い金属管を挿入して脂肪を吸い上げます。
     そういった『美容を取り扱う』クリニックで脂肪採取をすることで、見た目の美しさを保ったまま幹細胞治療を受けていただくことが可能です。
     ベルクリニックでは、脂肪吸引を得意とする経験豊富な医師が担当いたします。患者様の負担を軽減し、跡が目立たないよう配慮して施術をいたしますのでご安心ください。

幹細胞培養上清液について

幹細胞培養上清液とは

 

幹細胞を培養し、取り除いた後に残る液体部分を抽出した分泌液のことを指します。
上清液の中には、組織の修復などの作用があるサイトカイン(成長因子)やエクソソーム、タンパク質などの有効成分が含まれます。

培養上清液に含まれる主な成長因子

 

     

  • EGF(上皮増殖因子)・・・皮膚のターンオーバーを促進し、色素沈着やくすみを改善
  •  

  • IGF-1(インスリン様増殖成長因子)・・・コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸の増殖
  •  

  • bFGF(塩基性繊維芽細胞増殖因子)・・・コラーゲン分泌作用のある線維芽細胞の増殖を促進
  •  

  • PDGF(血小板由来成長因子)・・・損傷した皮膚細胞の再生促進、育毛促進
  •  

  • TGF-α(トランスフォーミング成長因子)・・・コラーゲン・エラスチンの構造を強化
  •  

  • VEGF(血管内皮細胞増殖因子)・・・新生細胞を生産し、シワ・肌質を改善

幹細胞治療の流れ

① カウンセリング
カウンセラーによるカウンセリングと医師による診察をいたします。
② 血液・感染症検査
インバウンドの患者様は、自国での事前検査が必要です。
③ 脂肪(幹細胞)採取
お臍の左右を3mmほど切開します。
④ 培養
初期培養で幹細胞を150万個に、本培養で1〜2億個に増やします。
⑤ 投与
全身は静脈注射にて投与します。局所注入は水光注射を用いて行います。
⑥ 経過観察
術後の経過、患者様のご希望などお伺いし、今後の治療の方針を決めます。

リスクと副作用

脂肪採取の手術について

施術期間 1日
施術回数 1回
施術時間 60分
使用する麻酔 局所麻酔

脂肪採取の術後について

抜糸 なし
圧迫 1週間は圧迫が必要(24時間)
入院 必要なし
食事制限 制限なし
飲酒 少量であれば翌日から可
お化粧 制限なし
洗顔 制限なし
シャワー 翌日から
入浴 4日間禁止
洗髪 制限なし
ヘアカラー 制限なし
運動 1週間は激しい運動を控えてください
マッサージ 施術部位のマッサージは控える
その他の注意事項
  • 患部を濡らす場合は1週間防水テープを使用する。

脂肪採取のダウンタイムや副作用 ※個人差があります

痛み 筋肉痛のような感覚がある
腫れ 約1週間程度
内出血 稀に出る事がある
赤み 稀に出る事がある

料金表

当院では、現金・デビッドカード・各種クレジットカードでのお支払いが可能です。分割払いをご希望される方には、医療ローンもご用意しておりますのでお気軽にご相談ください。

施術部位 価格(税込)
自己脂肪由来幹細胞治療 詳細はクリニックまでお問い合わせ下さい。

このページの監修医師による解説

幹細胞は、元々私たちの体に存在している細胞であり、老化した組織や臓器の修復をする能力を持っています。
体内の細胞が傷ついた時、間葉系の幹細胞に指令が送られます。指令を受けた幹細胞は血液の流れに乗って損傷箇所に集まり、機能回復や欠損部位を修復します。
この働きを『ホーミング効果』と言います。体内に損傷箇所がない場合は、皮膚や頭皮に作用すると言われています。
自家の脂肪幹細胞を用いた治療は、拒否反応が無く安全に配慮されていることが注目されている治療の一つで、細胞増殖の速さや、骨髄などと比較して採取し易く、痛みが最小限ということから世界中で広がりを見せています。
 

自己脂肪由来幹細胞による効果

脂肪幹細胞は脂肪・骨・筋肉や、内臓組織に分化する能力を持っており、損傷や老化した細胞の修復をする働きがあります。
幹細胞投与することにより脂肪細胞が分裂し、成長因子などを分泌します。細胞が活性化すると抗酸化作用が働き、老化の原因の一つとも言われている『酸化』を防ぎます。よって、シワやたるみなどの肌質の改善が期待できます。
また、脂肪幹細胞は免疫抑制因子や抗炎症因子を分泌する機能を持ちます。アトピーなどの皮膚疾患は、免疫系の過剰反応が一因では無いかと考えられています。免疫の暴走により自分自身を攻撃するようになってしまった細胞を抑制することで、アトピーなどの皮膚炎の症状を改善させる効果が期待できます。

ベル美容外科クリニック顧問医 飯塚雄久

常勤治療責任者:飯塚 雄久 / 医学博士

学歴 / 職歴
  • 昭和62年東京慈恵会医科大学卒業
  • 昭和62年東京慈恵会医科大学形成外科入局
  • 平成9年神奈川県厚木病院形成外科責任医長
  • 平成13年高須クリニック勤務
  • 平成19年ベル美容外科クリニック顧問医就任
資格 / 所属

医師紹介ページへ

幹細胞治療TOPへ

幹細胞治療についてこちらも併せてご覧ください
幹細胞治療のよくある質問

幹細胞治療をご覧の皆様へ|ベル美容外科クリニック

幹細胞治療のご案内ページです。幹細胞治療とは、不足している細胞や弱った細胞に変化する能力を持つ幹細胞を、患者様ご自身の細胞を使って培養をおこない、一定数に増やし体内へ戻す治療です。肌の活性化やシワ、たるみの改善が期待できます。ベル美容外科クリニックでは、エイジングケア、ほうれい線、しわ、シミなどさまざまなお悩みのご相談も承っております。安心・安全を第一に、ご納得いただいてから治療が行えるよう、カウンセリングも行っておりますので、お気軽にご相談ください。

医療広告ガイドラインの遵守について

ベル美容外科クリニックは、2018年6月に改正・施行された医療広告ガイドラインを遵守しております。
また、当ページは医師免許を持つ、ベル美容外科クリニックの医師監修のもと掲載しています。
詳しくは、当院の「医療広告ガイドラインの運用や方針について」、「医師紹介ページ」をご覧ください。

施術一覧

ベル美容外科クリニックの休診日

2020年 7月
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2020年 8月
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5

休診日