ヒアルロン酸注射のリスク・副作用・デメリット

ヒアルロン酸注射は、手軽にできる『シワ取り注射』として人気の施術です。ヒアルロン酸を真皮層に注入することで若々しく弾力のある素肌を目指すことが可能です。シワを目立たなくしたいと思い、一度は調べてみたけれど不安や恐怖で断念してしまった方も多いのではないでしょうか?
ヒアルロン酸注射は元々肌の真皮層に存在する成分ではありますが、気になる部分にヒアルロン酸を注入して高さを出したり、ふっくらとしたボリュームを出す効果も期待できます。注入後は、比較的ダウンタイムも短く、効果をすぐに実感していただけるので、老若男女問わず注目のある施術です。ただ、初めてヒアルロン酸注射を受ける方は、不安や心配を感じてしまう方もいらっしゃいます。ヒアルロン酸注射をご検討の方が、安心して施術を受けられるように、起こりうる痛みや内出血についてご紹介します。

施術後のリスクや副作用

内出血や赤みが出てしまう

注射をした箇所に内出血や赤みが出る場合がありますが、施術の失敗ではありません。
皮膚の薄い部位や毛細血管が多い箇所に注射をすると、内出血が出ることは良くあることです。
時間の経過とともに気にならなくなり、1週間程度で消えていきます。
内出血や赤みが出てしまった箇所や気になる部分は、ファンデーションやコンシーラーを使用することが可能なので、カバーすることができます。

【内出血とは】

血液の全成分が血管外に出ることを出血といい、血液が体表から体外に出るものを外出血、血液が組織・臓器内に出ても体内にとどまっている状態を内出血と呼びます。

【内出血が出た場合の対処法】

内出血が出た場合は、3日間冷やし、その後は最初に冷やすのは内出血を抑えるために血管を収縮させること、痛みを和らげる効果のあります。
1週間後は温めて血管を拡張させ血流を促すと内出血の吸収を早めることで、治りが早くなると言われております。

痛みと違和感を感じる

ヒアルロン酸注射は針を使用する為、注射をした箇所によっては、注入直後に違和感や軽い痛みを感じる場合があります。数時間後〜数日で治まるケースがほとんどです。数日経過しても、痛みや違和感が気になる場合は当院のカウンセラーや医師にご相談下さい。

腫れや膨らみが出る

ヒアルロン酸注射をした箇所によっては、触ると膨らみを感じることがあります。ただ、時間の経過とともに馴染んでいくのでご安心ください。腫れや膨らみが気になる場合は、患部を強く触ったり押したり、こすったりすることは避けるようにして注意してください。

アレルギーの発生

ヒアルロン酸は、もともと体内に存在する物質で、多糖類の一種です。その為、アレルギー反応がほとんど起きないと言われています。アレルギー発生率は0.1%程度と低く、皮内テストを必要としないため、ご相談にいらした日に注入して帰ることも可能です。ごくまれに上記のような副作用が起こる場合があります。ですが、そのほとんどは数日~2週間程で治まるものばかりです。確かな注入技術を持っている当院の医師であれば、そのリスクはとても低いのでご安心ください。

ヒアルロン酸注射のデメリット

効果を維持するには回数が必要

ヒアルロン酸注射は注入したら一生持続するものではなく、効果を維持するためには何度も打たなければいけません。1度ヒアルロン酸を注入してシワやたるみの改善効果を実感した方は、効果が薄くなるに連れてシワが気になってきます。その為、定期的にヒアルロン酸注射を打つことで効果を持続することできます。
かと言って、ヒアルロン酸を打ちすぎると不自然な表情になることもあり得るで、当院のカウンセラーや医師にご相談ください。

ヒアルロン酸注射TOPへ

ヒアルロン酸注射のリスク・副作用・デメリットをご覧の皆様へ|ベル美容外科クリニック

ヒアルロン酸注射のリスク・副作用・デメリットご案内ページです。

ヒアルロン酸注射とはヒアルロン酸を皮下に注射することで、お肌のハリや弾力を出す効果が期待できます。ダウンタイムも短いことで、気軽に気になるシワを目立たなくするので高い人気があります。

ベル美容外科クリニックでは、アンチエイジング、ほうれい線、しわ、シミなどさまざまなお悩みのご相談も承っております。安心・安全を第一に、ご納得いただいてから治療が行えるよう、無料カウンセリングも行っておりますので、お気軽にご相談ください。

ベル美容外科クリニックの休診日

2019年 8月
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2019年 9月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3
4
5

休診日