眉毛下切開のリスク・副作用・デメリット

上瞼のたるみを取るためは二重のラインに沿って切開する方法が主でしたが、上眼瞼に厚みがある方の場合は、より自然に仕上げるため、眉毛の下の部分を切開する「眉毛下切開」が適応となるケースが非常に多くあります。
上眼瞼は、まつ毛の部分から眉毛の方向にいくにつれて、皮膚が厚くなっていきます。二重のラインで切開及び皮膚除去し縫合をする際に、皮膚の厚みが極端に違うと不自然な段差になってしまうため、除去できる皮膚の縦幅に限界があります。
その点、眉毛下切開を行うと皮膚の段差ができづらく、二重のラインで切開するのと比べて縦にも横にも幅広く皮膚除去が可能になります。目の形が三角になってきたと感じる方はたるみが生じてきている可能性があるので眉毛下切開が適応かもしれません。
眉毛下切開とはどのような施術なのか説明させていただいたところで、今度は眉毛下切開におけるリスクや副作用、デメリットについてご紹介いたします。

施術後のリスクや副作用

傷跡が残る

眉毛下切開では、眉毛の下の部分を切開するので傷跡が目立つことはありませんが傷跡がゼロになるということはありません。
個人差はありますが、大半の場合は傷跡が落ち着くまでに半年はかかるでしょう。人によっては1年ほどかかるケースもあるようです。
時間はかかっても徐々に傷跡は薄くなっていき、いずれはお化粧でカバー出来るレベルにまで落ち着くと思われます。

目の開きが改善しない

たるんだ皮膚を取り除くことによって視界が広がることはありますが、目の開きそのものが改善する施術ではありません。
なぜなら目の開きが悪いと感じる原因はたるんだ皮膚ではなく、眼瞼挙筋(上瞼を持ち上げる筋肉)の働きの異常が原因だからです。その場合、いくら皮膚をとりのぞいても眼瞼下垂の施術をおこなわなければ目の開きは改善しません。

眉毛下切開のデメリット

引きつれが生じる

余剰な皮膚を切開して取り除いているため、取り除いた部分にある程度のしわ寄せが生じるので、特に施術の直後は上瞼に多少の引きつれが起きることはよくあります。
ただ、その引きつれは一生涯残ってしまうものではなく、時間薬で改善していくケースがほとんどですが、皮膚を過剰に取り除いてしまった場合は、引きつれ以外にも瞼が閉じにくくなるなどの後遺症も出るため、落ち着くまでに大分時間がかかるでしょう。

腫れ・内出血

どのような施術にも腫れや内出血はつきものですが、切開をともなう施術は特に起きがちです。内出血が落ち着くまで1週間は覚悟しておいたほうがよいでしょう。
そして切開部分は縫合しているので抜糸が必要です。抜糸までの約1週間は切開部分に糸が無数に付いていて人にばれやすいので、周囲に内緒で施術を受けた方は前髪やメガネで隠す必要があります。

目頭切開TOPへ

眉毛下切開のリスク・副作用・デメリットをご覧の皆様へ|ベル美容外科クリニック

眉毛下切開のリスク・副作用・デメリットのご案内ページです。眉毛下切開とはたるんだ上まぶたを眉毛のラインに沿って切開し、余分な皮膚を切除することでたるみや厚みが軽減される施術です。施術後は傷跡が目立ちにくく周囲に知られずに受けられる為、支持されています。ベル美容外科クリニックでは、エイジングケア、ほうれい線、しわ、シミなどさまざまなお悩みのご相談も承っております。安心・安全を第一に、ご納得いただいてから治療が行えるよう、カウンセリングも行っておりますので、お気軽にご相談ください。

施術一覧

ベル美容外科クリニックの休診日

2020年 7月
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2020年 8月
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5

休診日