アンカーMAX-Lのリスク・副作用・デメリット

アンカーMAX-Lは3D構造の糸を使用するため継続的な効果が望めるリフトアップ術です。
両頬、法令線、マリオネットライン、フェイスライン、顎下など年齢とともにたるみが気になる幅広い部位に対応できるのが特徴です。
しかし、症状改善の言葉だけに囚われ、受けてしまうと予想外のリスクや副作用などがあるかもしれません。
具体的に症状としてどのようなものがあるのか、アンカーMAX-Lにおけるリスクや副作用、デメリットについてご紹介いたします。

施術後のリスクや副作用

痛み・腫れ

肌によって、赤みや腫れが生じる場合があります。個人差はありますが、基本的に2〜3日で治るため、その間はメイクやマスクで隠すことが可能です。痛みはいつまでも続くことはありませんが、顔を動かした時に生じる場合があります。その場合は柔らかいものを食べることをオススメします。

違和感や引きつれ・凸凹感

顔が引きつっている違和感や凸凹感などの症状は約1〜2週間続く可能性があります。しかし一時的なもので次第に治ります。

針跡が残る

施術後に小さな針跡が開きます。ほとんど目立つことはなく、約1〜2日で解消します。お化粧でカバーすることが可能ですので、ご安心ください。

アンカーMAX-Lのデメリット

コグが外れる可能性

大きいものを召し上がられる時や歯医者にて大きく口を開ける行為は、コグが外れるリスクを高めます。約1ヶ月は意識しなるべくお控えください。クレンジングや洗顔なども刺激になるため、注意し優しく行ってください。

アフターケアの必要

【マッサージ】

顔に負担をかける行為は過度のストレスがかかりますのでお控えください。
マッサージは術後3ヶ月は避け、強いマッサージは今後避けるようにしてください。

【就寝】

患部にストレスを与えてしまう可能性がある為、約1〜2週間はうつ伏せ・横向きでの就寝はお控えください。

【圧迫の必要】

アンカーMAX-Lの施術後は長時間の圧迫固定が必要になります。
手術当日〜7日間はなるべく長時間圧迫してください。
術後1ヶ月は就寝時の圧迫が必要です。

アンカーMAX-L TOPへ

アンカーMAX-Lのリスク・副作用・デメリットをご覧の皆様へ|ベル美容外科クリニック

アンカーMAX-Lのリスク・副作用・デメリットご案内ページです。アンカーMAX-Lは、メスを使わないリフトアップ術です。従来のアンカーリフトと比較すると、持続期間が約2倍にバージョンアップ。使用する糸が3D構造となり、突起部分の数が増えたことでよりリフトアップ効果が期待できます。ベル美容外科クリニックでは、エイジングケア、ほうれい線、しわ、シミなどさまざまなお悩みのご相談も承っております。安心・安全を第一に、ご納得いただいてから治療が行えるよう、カウンセリングも行っておりますので、お気軽にご相談ください。

施術一覧

ベル美容外科クリニックの休診日

2022年 12月
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2023年 1月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4

休診日