NMN点滴のリスク・副作用・デメリット

NMN点滴は体内のNMNを増やし、長寿遺伝子と言われるサーチュイン遺伝子などを活性化させる施術です。身体機能改善や老化抑制が期待でき、自身のあらゆる老化現象に対抗できると期待されています。
しかし、メリットだけに囚われ受けてしまうと、予想外のリスクや副作用などがあるかもしれません。具体的に症状としてどのようなものがあるのか、NMN点滴におけるリスクや副作用、デメリットについてご紹介いたします。

施術中のリスクや副作用

痛み

穿刺時、注入時には痛みを感じる場合がありますが一時的なものです。万が一、点滴中も痛みが治らない場合はその場でお知らせください。

施術後のリスクや副作用

痛み・赤み

稀に血管痛や関節痛、穿刺部の赤みを感じる場合があります。長期的に続くものではありませんが症状が強い場合は、医師による診察をオススメいたします。

発熱

稀にNMN点滴後、当日中に発熱や倦怠感を感じる場合があります。好転反応によるものであると考えられ、基本的には翌日に治ります。

血中の数値

2019年日本で行われた臨床試験で、血中のビリルビン値上昇が報告されました。ビリルビンとは赤血球から出され肝臓に運ばれる黄色い色素で数値が高いと黄疸のリスクが疑われます。しかし、NMN点滴による数値上昇は通常の範囲内だったことが分かっているためご安心ください。

NMN点滴TOPへ

NMN点滴のリスク・副作用・デメリットをご覧の皆様へ|ベル美容外科クリニック

NMN点滴のリスク・副作用・デメリットご案内ページです。NMN点滴とは、老化とともに減少する体内のNMNを増やし、細胞や臓器の機能を活性化させる施術です。NMNは体内から年々消費され、老化性疾患のリスクや細胞・皮膚の再生力が低下し見た目の衰えにも影響します。そのため内面と外面両方のエイジングケアをご希望の方にオススメです。ベル美容外科クリニックでは、ほうれい線、しわ、シミなどさまざまなお悩みのご相談も承っております。安心・安全を第一に、ご納得いただいてから治療が行えるよう、カウンセリングも行っておりますので、お気軽にご相談ください。

施術一覧

ベル美容外科クリニックの休診日

2022年 6月
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
2022年 7月
26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6

休診日