リフトアップ

お肌の真皮層には、コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンなどの成分が含まれています。
これらの成分がバランス良く保たれることでお肌の弾力が維持されます。
しかし、加齢や紫外線による破壊されてしまい、表皮の重みに耐えきれず、頬や首元にたるみが現れます。
たるみの改善にはマッサージやエステなどの方法もありますが、表面のアプローチだけでは根本からたるみを治療することはできません。
一度、たるみが生じるとセルフケアやサロンケアだけでは大幅な改善は難しいとされており、美容医療による治療でたるみを改善することが最大の近道です。

当院では、たるみを改善するリフトアップ術を6種類ご用意しております。
お客様のお悩みやご要望に合わせて、最適な治療法をご提案いたします。

リフトアップの施術一覧

アンカーリフト

アンカーリフト

医療用の溶ける糸でたるみを引き上げるリフトアップ術です。
コグ(糸についている棘状の出っ張り部分)が2方向に入っている特殊形状の糸で、たるみを引き上げます。
アンカーリフト詳細へ

アンカーMAX

アンカーMAX

従来のアンカーリフトと比較し、バージョンアップした糸で長期間の効果の持続が期待できるリフトアップ。
アンカーリフト同様、使用する針の先端が丸くなっているカニューレタイプで内出血や腫れを最小限に抑えます。
アンカーMAX詳細へ

スプリングスレッドリフト

スプリングスレッドリフト

伸縮性・弾力性のある溶けない糸を皮下に挿入し、たるみを引き上げるリフトアップ術です。
しなやかに伸縮して顔の筋肉に合わせて動くため、口周りや目周りにまで高いリフトアップ効果を発揮します。
スプリングスレッドリフト詳細へ

シルエットリフト

シルエットリフト

吸収性の大きな円錐型のコーンと非吸収性の糸の相乗効果でたるみを強力に引き上げるリフトアップ術です。
シルエットリフトはアメリカFDA(食品医薬品局)認可取得、ヨーロッパCEマーク取得をしている施術です。
シルエットリフト詳細へ

ハッピーリフト

ハッピーリフト

皮膚内に生分解性ポリマーで作られた溶ける糸を埋め込み、たるみを引き上げるリフトアップ術です。
糸は完全に吸収される糸を使用するため、皮膚内に糸が残る事に抵抗がある方にオススメです。
ハッピーリフト詳細へ

このページの監修医師による解説

加齢によるお悩みの中でも多くの方が気にされているのがたるみのお悩み。そもそもたるみは、人の皮膚に含まれるヒアルロン酸やコラーゲンが、紫外線ダメージや加齢などによって減少することで重力に負けて伸びてしまうことで生じます。
当院では、軽度のたるみには注射系の施術でFGF注入やヒアルロン酸注射などをご案内しておりますが、中等度の場合は糸によるリフトアップをオススメしております。
また、糸によるリフトアップもいくつかの種類をご用意しており、溶ける糸か溶けない糸か、切るか切らないかなどお客様のお悩みに合わせたご提案が可能です。まずはお気軽にご相談ください。
ベル美容外科クリニック顧問医 飯塚雄久

常勤治療責任者:飯塚 雄久 / 医学博士

学歴 / 職歴
  • 昭和62年東京慈恵会医科大学卒業
  • 昭和62年東京慈恵会医科大学形成外科入局
  • 平成9年神奈川県厚木病院形成外科責任医長
  • 平成13年高須クリニック勤務
  • 平成19年ベル美容外科クリニック顧問医就任
資格 / 所属
論文

医師紹介ページへ

リフトアップTOPへ

リフトアップをご覧の皆様へ|ベル美容外科クリニック

リフトアップのご案内ページです。当院で行なっているリフトアップ術は6種類ございます。持続力や糸の形状など、それぞれ特徴があります。お客様のお悩みやご要望に合わせて最適な施術をご提案いたします。ベル美容外科クリニックでは、エイジングケア、ほうれい線、しわ、シミなどさまざまなお悩みのご相談も承っております。安心・安全を第一に、ご納得いただいてから治療が行えるよう、カウンセリングも行っておりますので、お気軽にご相談ください。

医療広告ガイドラインの遵守について

ベル美容外科クリニックは、2018年6月に改正・施行された医療広告ガイドラインを遵守しております。
また、当ページは医師免許を持つ、ベル美容外科クリニックの医師監修のもと掲載しています。
詳しくは、当院の「医療広告ガイドラインの運用や方針について」、「医師紹介ページ」をご覧ください。

施術一覧

ベル美容外科クリニックの休診日

2020年 10月
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2020年 11月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3
4
5

休診日