傷跡が眉毛に隠れて目立ちにくい“眉毛下切開”

眉毛下切開とは、加齢等の要因によりたるんだ上まぶたを眉毛のラインに沿って切開し、余分に皮膚を切除することで、たるみや厚みを軽減する施術です。同じ上まぶたのたるみを軽減する施術の「上眼瞼たるみ取り」では、二重のラインを切開するため、目が二重になることで目の印象が変わってしまいます。しかし、眉毛下切開では、眉毛の下のラインに沿って切開を行うことで、目の印象を大きく変えることなくたるみを軽減することができます。特に、周囲に知られたくないと考えている患者様に適した施術方法です。

施術方法

眉毛下切開の施術方法眉毛下切開は、眉毛の下のラインに沿って切開し、余分な皮膚や脂肪を切除し、縫合します。上まぶたのたるみ取りと比較すると、眉毛に隠れて傷跡が目立ちにくい上、比較的にダウンタイムが短く済むとされています。

特徴

上まぶたの余分な皮膚や脂肪を切除することで、たるみや厚みが軽減されます。また、まぶたを開きやすくなることで視野が広がり、眼精疲労を解消する効果も期待されています。額のシワでお悩みの方で、まぶたのたるみが要因となっているお客様もいらっしゃいます。

こんな方にオススメ

上まぶたのたるみが気になる
加齢等の理由で二重のラインが狭くなってしまった
上まぶたに脂肪が多く、厚みがある
一重、奥二重のままでたるみを改善したい

リスクと副作用

手術について

施術期間 1日
施術回数 2回 ※切開後に縫合するため、抜糸が必要です。
施術時間 約90分
使用する麻酔 点眼麻酔、局所麻酔

術後について

抜糸 あり
通常、約1週間後に抜糸のために来院していただきます。
飲酒 約1週間後から
お化粧 翌日から(アイメイクは抜糸の翌日から)
洗顔 抜糸まではふき取り、施術部以外のみ洗顔可能
シャワー 翌日から
入浴 腫れが引いてから(約1週間後)
洗髪 翌日から
マッサージ 痛くなければ可能
コンタクトレンズ 翌々日から
その他の注意事項 眉毛下切開は、皮膚の最大切除幅が10mmです。
また、眉毛と目の距離が近い人は向いてないとされています。

ダウンタイムや副作用

痛み 約2〜3日程度
腫れ 約1ヶ月程度
内出血 約2〜3週間程度
赤み 約1ヶ月程度

料金表

施術名 価格(税込)
眉毛下切開(脱脂含む) ¥378,000

医師による解説

加齢により「二重が狭くなってしまった」「上まぶたのたるみが気になる」という人におすすめなのが眉毛下切開です。
眉毛の下のラインに沿って切開し、余分な皮膚や脂肪を切除し縫合するため、傷跡が目立ちにくく術後の腫れが少ないという特徴があります。
切除する幅は一人ひとりの状況によって異なりますが、皮膚の最大切除幅が10mmです。また、眉毛と目の距離が近い人は向いてないとされています。
施術の際には点眼麻酔、局所麻酔を用い、施術時間は約90分です。
まぶたを開きやすくなることで視野が広がり、眼精疲労を解消する効果も期待されています。

ベル美容外科クリニック顧問医 飯塚雄久

常勤治療責任者:飯塚 雄久 / 医学博士

  • 日本形成外科学会認定専門医
  • 日本美容外科学会 会員
  • 東京慈恵会医科大学形成外科講師

医師紹介ページへ

眉毛下切開TOPへ

眉毛下切開に関するご相談は、渋谷の美容整形、ベル美容外科クリニックへ。アンチエイジング、ほうれい線、しわ、シミなどさまざまなお悩みのご相談も承っております。安心・安全を第一に、ご納得いただいてから治療が行えるよう、無料オンラインカウンセリングも行っておりますので、お気軽にご相談ください。

PAGE TOP