加齢による目元のたるみに“上眼瞼たるみ取り”

上眼瞼たるみ取りとは、上まぶたのたるんだ皮膚を取り除き、たるみやシワを改善する施術です。上まぶたにたるみが生じることで二重の幅が狭くなってしまったり、隠れてしまうことで目が小さく見えてしまうことがあります。また、上まぶたに眼窩脂肪が多い場合は、同時に脱脂を行うとより効果的です。

上眼瞼たるみ取りとは

上眼瞼たるみ取りの施術方法上眼瞼たるみ取りは、目の上のたるんだ皮膚を、二重のライン上に沿って切除し、皮膚の傷が目立たないように二重のラインに合わせて縫合します。
切開した際、上まぶたの脂肪が多い場合は、同時に切開したラインから余剰な脂肪を取り除くことも可能です。(追加料金なし)

特徴

余分な皮膚や脂肪を除去し、スッキリした印象の目元に近付けます。
眼球を覆っていた皮膚が少なくなることで、視界が広がり、肩こり・頭痛・眼精疲労などの健康面の改善も期待されます。

こんなお悩みをお持ちの方に

まぶたの皮膚が薄い
加齢によりまぶたがたるんでしまった
目が開けにくい、視界が狭い気がする
頭痛・肩こり・眼精疲労を感じる
たるみ取りと同時に二重術を希望している
額のシワが目立つ
老けて見られがち

リスクと副作用

手術について

施術期間 1日
施術回数 2回
施術時間 約90分
使用する麻酔 点眼麻酔、局所麻酔

術後について

抜糸 あり
通常、施術の1週間後に抜糸をするために来院していただきます。
食事制限 なし
飲酒 1週間後から
お化粧 翌日から(アイメイクは抜糸の翌日から)
洗顔 抜糸まではふき取りや施術部分以外の洗顔のみ
シャワー 翌日から
入浴 腫れが引いてから(約1週間後)
洗髪 翌日から
マッサージ 痛くなければ可能
コンタクトレンズ 翌々日から
その他の注意事項 上眼瞼たるみ取りの場合、皮膚の最大切除幅は5mmです。
それ以上にたるみがある方は、後日眉毛下切開を受けることが可能です。

ダウンタイムや副作用 個人差があります。

痛み 約2〜3日程度は痛みが生じる
腫れ 約3ヶ月で自然に馴染んでいく
内出血 約2〜3週間程度で徐々に解消する
赤み 約1ヶ月は赤みが生じる

料金表

施術名 価格(税込)
上眼瞼たるみ取り(脱脂を含む) ¥378,000

医師による解説

上眼瞼のたるみは、目の上にあるまぶたが、加齢により少しずつたるむ症状で、二重の幅が狭くなってしまったり隠れてしまうことで、年齢をふけて見せてしまう要因の一つです。
上眼瞼たるみ取りは、二重のライン上に沿って切開し、余分な皮膚や脂肪を切除し、皮膚の傷が目立たないように二重のラインに合わせて縫合します。
切除する幅は一人ひとりの状況によって異なりますが、皮膚の最大切除幅は5mmです。それ以上、たるみがある方は、後日、眉毛下切開を受けることが可能です。
施術の際には点眼麻酔、局所麻酔を用い、施術時間は約90分です。
眼球を覆っていた皮膚が少なくなることで、スッキリとした印象の目元に近付ける効果と共に、視界が広がり、肩こり・頭痛・眼精疲労などの健康面の改善にも期待ができます。
ベル美容外科クリニック顧問医 飯塚雄久

常勤治療責任者:飯塚 雄久 / 医学博士

  • 日本形成外科学会認定専門医
  • 日本美容外科学会 会員
  • 東京慈恵会医科大学形成外科講師

医師紹介ページへ

上眼瞼たるみ取りTOPへ

上眼瞼たるみ取りに関するご相談は、渋谷の美容整形、ベル美容外科クリニックへ。アンチエイジング、ほうれい線、しわ、シミなどさまざまなお悩みのご相談も承っております。安心・安全を第一に、ご納得いただいてから治療が行えるよう、無料オンラインカウンセリングも行っておりますので、お気軽にご相談ください。

PAGE TOP